スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新作ポシェット♪

新婦人の春バザー用に、ポシェットを量産した。
私が、表地裏地、レースファスナーの組み合わせ、
ピースロゴの仮縫い等々の下ごしらえをした後、
ミシンをお手伝いしてくれるお姉さまに外注。
ミシン部分が出来上がったところで、革タグや肩掛け紐を取り付けて完成。

財布と携帯が入る便利な大きさ。
カワイイ布を選んで作ったけど…。
でも、バザーのお客さんは、高齢の方ばっかし。
なので、あまり売れなかった。
今度、若もんの集まりに持って行こーっと。

ポシェット

ポシェット販売




↓↓↓ 応援ポチッとお願いしま~す!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

薔薇イヤリング♪薔薇ピン♪

ずいぶん前に作っておいたレザーの薔薇にやっと金具をつけた。
イヤリングとピン留め。
薔薇ピンだけは、照れずに自分で使うかなぁ。
これぐらいモチーフが小さいと使いやすいし。

薔薇イヤリング

薔薇ヘアピン

今日は朝からPTA実行委員会に初出席。
人見知りやから緊張したわぁ。
初会合で時間がなかったけど、次はもっと隣の人とたくさん話そう~。
何かね、人って、実際に会って話すると、
自分が頭で思い込んでるのと全然違ってたりするって、最近学び中。
ええ感じにチカラぬいて人の中に入っていけそうな予感。
春やわぁ。

気に入ったら、ポチッとしてね!
↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

ぱっちんピン留め

久々のレザークラフト。

先週、パーマ屋さん行ったときに、ファッション誌見てると、
どうやら、今、クラシカルな装飾的ヘアピンが流行っているらしい。
たまには、雑誌も見るもんやねぇ。すごい可愛いわ。
カメオみたいなのとか、総レースや総ビーズのんとか・・・。
ただのぱっちんピンやのに高価。

うーむ、そんな豪華なもんはよう作らんけど、
お手軽で可愛い革ヘアピンはどうかな~?
今月末のバザーで、200円~300円ぐらいで売り出し予定。

ぱっちんピン花ハート

ぱっちんピン 丸

気に入ったら、ポチッとしてね!
↓↓↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 革・革小物へ
にほんブログ村

大阪市の「学校選択制」はスジが悪い。

どう考えても、大阪市で検討されている「学校選択制」はスジが悪い。
「保護者が行きたい学校を選べる」という恩着せがましいメリットの代わりに、
公教育が失うものが大きすぎる気がする。

そもそも橋下市長が、学校選択制を導入したいのは、
小中学校の統廃合に目的があると私は思ってる。
実際、小学校なんか、具体的に1/3を減らしたいらしい(毎日新聞2012.1.5)。
だけど、地域住民がごちゃごちゃうるさいから、選択制にさらして、
「ほらね、人気ないでしょ?あんたらのガンバリが足りんからやで」と、
学校を潰してしまう算段と思う。

学校選択制についての橋下市長議会答弁がこれ。↓↓↓

「導入した他都市の実例、現状を見れば95%以上が維持・継続している。
現に学校間に学力等の格差は存在しており、
保護者が選びたくない学校に強制的に通学させることはあってはならないと考えている。
地域コミュニティーが大事であれば
保護者に選ばれるような地域まちづくりを住民が責任を負ってすればよく、
学校選択制を導入すると心配するような地域は、
地域活動に参加し地域を守るという意識が強いので、
そういう地域の学校は保護者に選ばれることになる。」

おぉぉぉ、これぞ公の責任放棄と完全自己責任化・・・。
公教育やのに、近所の学校を行きたい学校にしていない責任は放棄。
しかも、超堂々と。
そして、選ばれる学校にするのは地域の責任、がんばってね!とエール。
ご丁寧に、学力テストとセットやから、選ばれる基準なんか知れてるしさ~。

この調子で、学校選択制を導入されたら、
「質の高い教育を提供しよう」なんて理念よりも何よりも、
地域への責任と、自分のクビがかかった先生たちは、
(職員基本条例には統廃合や民営化であぶれた公務員の免職規定があるからね)
子どもにその場しのぎの知識を詰め込んで、学力テストに臨むことになる。

事実、同じような動機で学校選択制を導入した足立区では、
2回も学校ぐるみの学力テスト不正が発覚してる(2007年と2009年)。

実は、学校選択制にも、いろんな種類がある。
その動機によっては、少人数学級や少人数指導が次々に実施されて、
公教育の質を上げることができるかも・・・という期待もある。

だけど、大阪市では、統廃合が前提になっている限り、それは不可能。
校区を広くして、学校の数を減らし、
多くの生徒を、残った学校に定員いっぱいまで入れてムダをなくす。
という、この動機。
橋下さんは府知事時代、小学1年の35人学級すらもったいないと言うてはった。
維新の中には、47人学級を復活した方がいいと言う人さえいる(→奥野康俊府議)。
こうなったら、ほんまに、エリート育成なんて茶番。
ただ単に、公的責任を放棄したいだけ。
だって、金持ちは、自己責任でエリート教育受けさせたらええんやから。


↓↓↓応援ポチッとお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村

小学校入学。

ついに福ちゃん(次男・6歳)が小学校に入学した。
すでに春休みから、小学校の「いきいき」に通ってたため、入学式も緊張せず。
前日、校庭でどろだんごを作ったらしく、
式のあいだ中、「どろだんごの今」を気にしていた。
で、教室でのご挨拶が終わるやいなや、「どろだんご見に行っていい?」。
君には、担任の先生とか、新しいお友だちとか、学校の勉強どーしよーとか、ないのかい?

翌日、やっぱり校庭で泥遊びをしたのか、
彼が帰宅してから、家の中がザラザラ。
制服のポケットをチェックしてみると砂がバラバラ。
しかも、制服のボタンが一個ない!
トホホ。

福ちゃん制服姿

「隣の席のお友だちとしゃべったりした?」
「うん、60秒しゃべった」
「給食おいしかった?何食べた?」
「うん、おいしかった。けど忘れた」

おーい、ママは心配です~。
せめて、通学路はまっすぐに歩いてもらいたい。
上向いてジグザグに歩かないでね。


↓↓↓応援ポチッとお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村

「えこひいきされてる感」ゼロ。

大阪市政改革プロジェクトが試案を公表した。
えらい小っちゃいとこ、こそぎ取るよーな「グレートリセット」にびっくり。

橋下さんによると「バブル期の贅沢な市民サービスが残っている」から、
市民に、そんな「贅沢」はやめてもらいたいんだそうな。
で、贅沢の内容がこちら↓↓
 ● 市営交通の敬老パス
 ● 上下水道福祉措置・・・高齢者や母子家庭などの料金減免措置。
 ● 国民健康保険料の市税負担
 ● 赤バス(コミュニティバス)運営補助 
などなど・・・。
これ、削られてすぐに困る世帯って、すでにかなり困ってる世帯やん。
現役世代を優遇するために、高齢者に厳しい内容って?
で、困り切った高齢者(親や祖父母)を助けるのは身内の責任。
その身内(子ども)は、現役世代。
そんで、非正規労働者や1人親家庭だって現役世代やのに。
も、もしや、税金収める額が少ない人は現役世代じゃないってカテゴライズ?

しかも、現役世代も、公共サービスに甘えとったらアカンらしい。
・・・朝日新聞「大阪市歳出改革案 子育て世帯も負担増」参照
 ● 保育所保育料→軽減措置見直し
 ● 学童保育、子どもの家への補助→廃止
 ● 不登校児通所サテライト→一部廃止
 ● 学校給食協会交付金→食材配送費保護者負担
 ● 新婚家賃補助→廃止
サービス受けてたら「ズルい」んかな。
既得権益者なんかな。
ほんなら公共の役目って何?

学校で勉強ついていかれへんかったら、
学校のクラスを少人数にして丁寧に教えてくれるんではなく、
「塾に行け」と言って、しょぼい金額のクーポンをくれるという。
働きたいから、保育所や学童保育が必要と言うと、
「だったら応分の負担をしろ」と迫る。

デリバリー弁当の中学校給食と、
アタックして砕け散りそうな「ジョブアタック事業」でお茶濁すつもり?

子どもが笑う?
子育て応援?
若者えこひいき宣言?
「えこひいきされてる感」ゼロなんすけど。


↓↓↓応援ポチッとお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村

「お母さんを救おうじゃありませんか」その2。

保育園の新年度がはじまった。
お餅ちゃん(3歳)は、年少さんクラスに。
年少さんになると、先生1人の担当する子どもの数がぐっと増える。
だから、ちょっとさみしいんよね。
先生に甘えたい。自分だけ見てほしい。そんな気持ちでいっぱい。

朝、つないだママの手を離したがらない。
口をへの字にして、うつむいてる。
先生が「おいで。大丈夫やで」と言ってくれて、おずおず手を離す。
で、お迎えに行ったとき、笑いながら遊んでるのを見ると、心底ホッとする。

私ら保護者は、保育園を信頼して、子どもを預ける。
でも、ほんとは、「わが子が大事にされますように」、
「いい環境で過ごせますように」って祈るような気持ち。

大阪市児童福祉施設最低基準条例は、そんな私らの思いを侮ってる。
国の最低基準をびっくりするほど下回る面積の基準。
たった6畳の部屋に、子ども6人+保育士2人+ロッカー&おもちゃを詰め込むという。
0歳・1歳といえば、ハイハイする子も、よちよち歩く子もいろいろ。
よろけてぶつかったり、何でも口に入れたり、
命にかかわるトラブルが起きかねない。
待機児童が数字上で減ることを、子どもらの命がかかる環境と引きかえにする条例。
橋下市長と、条例に賛成した議員のみなさん、
子どもの命と引きかえにしてでも、基準を下げる選択したこと、絶対に忘れへんから。

「お母さんを救おうじゃありませんか」やって?
私らの子ども思う気持ち、ホンマなめんなよ。


↓↓↓応援ポチッとお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
プロフィール

ゆりひなな

Author:ゆりひなな
おもしろい記事書くために、おもしろい生活できたらええなぁ。その逆でもええけど。

私のおすすめ記事

●「ご存じ山田寺」みたいな。 ●橋下人形と新自由主義の大実験1~4 ●「百年目」 ●ロスジェネの迷走 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
過去ログ +

2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 01月 【5件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【3件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【7件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【7件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【16件】
2011年 12月 【21件】
2011年 11月 【23件】
2011年 10月 【25件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【30件】
2011年 07月 【20件】
2011年 06月 【17件】

ブックマーカーリスト
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。