「いじめ」厳罰化に思う。

大津のいじめ自殺をめぐって、いろんな報道がされてる。
いじめの陰湿さは、かなりのもんやし、ほんま許されへんと思う。

で、ここへきて、こんな世論が出てきてる。
学校外でやれば犯罪やのに、学校内なら「いじめ」で片づけられるのはおかしい、
刑事罰で対処すべき、厳罰化すべき。

うーん、これって何か違和感がある。

警察と学校…、金八先生の1シーンを思い出す。
学校に乗り込んできた警察に、加藤たちが連れて行かれるところ。
あのシーンは、なぜあんなにも悲しかったんか。
当時、私は、金八先生が全く好きではなかったけども、
金八が必死に加藤を守ろうとして、守りきれなかった姿は切なかった。
あの悲しさって、「こんなやり方で解決せーへんやんか」っていう
やりきれなさやったんちゃうかと思う。
中学生って、ものすごく未熟やんか。
中学生って、生活の背景をそのまんま背負って学校に来てるやんか。

いじめるのも子ども、いじめられるのも子ども。
彼らは、どっかから突然わいてきて、学校に存在してるわけじゃない。
彼らの背景には、家庭があり、社会がある。
競争教育のストレスにも、家庭の問題、将来への不安、貧困、
大人自身のストレスにも全部、子どもはさらされてる。

そして、学校の先生の背後にある問題も重大。
勤務評定や、大津の場合だと学校選択制も、
子どもを見ることよりも、外からの目を気にして、
上の顔色を見ることを重視してしまう要因になってないやろうか。

背後にある、複合的な要因を、ほったらかしにしたまま、
未熟な者に、自己責任を強要するってどーゆうこと?

子どもの授業理解度が低いからって、ただ留年させるって話と同じ。
あるいは、少年犯罪を厳罰化すれば抑止できるっていう安易さと同じ。
最終的に現れた現象のみを問題視して、
そこをたたけば解決するなんて、ずさんすぎる。
何で、そこに至る原因を、丁寧に分析して、ひとつひとつ解決せーへんのか。

大人社会でのいじめとも言える搾取や貧困や差別、閉塞感…。
子どもを取り巻く状況を、変えていくのは大変やけど、それこそ大人の責任。
そして、今すぐ、せめて子どもを見てほしい。
子どもに向き合ってほしい。
それができる環境を、先生に与えてほしい。

当該中学校を爆破するって嫌がらせするとか、
加害少年を吊し上げずには我慢ならないとか、
当事者でもない人々が、それを叫ぶことの、それが「いじめ」とどう違うのか。
問題を矮小化して、「犯人」を責めたてて、それで何が解決するのか。
死ぬほど苦しんだ子どもを思うと、やりきれん。



にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ステテコズボン3人前。

アロハの綿生地があったので、ステテコズボンを作ってみた。
お餅ちゃん(3歳)のんだけ、裾レース。

まだまだ、お揃いを喜んでくれる3人。
いつまで、こうやって着てくれるのかな~。

ステテコズボンズ
ステテコズボン

ところで、うちの男兄弟2人(小3、小1)はとっても仲良し。
どこ行くにも手をつないで2人で話ながら歩いてる。
性格がかなり違うためか、逆に気が合うらしい。
そして、3番目の女子、お餅ちゃんが、おっそろしく気が強いため、
上の2人は、常にチームになって、お餅対策をしないといけないらしい。
一方、お餅ちゃんは、そんな2人など意に介さず、マイペースに我を通すのだった。
兄弟妹、みんな違って、おもしろい。
3人集まると「社会」やもんね。
たくましく育ってくれるとええな~。

もうすぐ、夏休み。
お弁当作りと、熱中症対策な毎日がやってくるわ。


↓↓↓ 応援ポチッとお願いしま~す!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村

味噌の天地返し。

昨夜、突然、
2月に、仕込んでおいた味噌のことを思い出して、
急いで「天地返し」をした。

仕込んだ後、
いちばん気温が安定している玄関の物置に置いたまま忘れてた。

タッパのフタを開けてみると、
表面に白い塩の結晶ができてたけど、変な色のカビは生えてない。
下から、まぜまぜしたら、すっごくいい匂い。

あ~。早く食べたいなぁ。
だいたい6ヶ月かかるから、これで味噌汁作るのは、8月末頃かなぁ。

手作り味噌

味噌作りは、今年初挑戦。
新婦人都島のお姉さんが、
大きなミンサー(業務用のミンチ器)を所有しているというので、
ご自宅で一緒に仕込ませてもらった。
ミンサーがあると、ゆでた大豆を放り込むだけで、
ウニウニウニっとミンチ状になって、めっちゃ早い。
マルチブレンダ―でも簡単そうやけど、ミンサーは最強。
昔の人は、これ作るの大変やったろうなぁ…と思うよ。

今、この簡単さで、このいい香りの味噌が食べられるなんて!
(「天地返し」忘れてたけど…)

あ~、待ち遠しいなぁ。


↓↓↓応援ポチッとお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村



母のこと。その2。

先日、「母のこと」を書いた。
たくさんの方が、直メールやコメントで感想を寄せてくれた。
ありがとうございます。

もう少し母のことを書いておこうっと。
自分が、かなり母の影響を受けて仕上がってるなぁ…と思うので。
彼女はどんな人だったのか。


私が保育園児だったとき、彼女はアフロヘアだった。
これ、NHKドラマ「ルーツ」(Roots・アレックス・ヘイリー原作)の影響。
アメリカの黒人が、自分の先祖を求めてアフリカで調査し、
1人の黒人奴隷に行き当たって…というお話し。
誇り高い奴隷「クンタキンテ」にリスペクトしてのアフロだったそうな。

だいたい、スットンキョウな服装だった。

「今日はオナカ空いてないし、晩ご飯はスイカにしよう」
てなわけで、マイボウルに、スイカの種をプププッとする晩ご飯だったり。
ある時は、それが柿だったり。

中学生のときは、
低血圧を理由に、あまりお弁当を作ってくれなかった。
私は、中学1年生のときから、
昨夜の残り物を自分で確保して、翌朝詰めたり、
白ご飯しかなくて、友だちに一個ずつおかずをめぐんでもらったりした。

「椅子に背もたれがあるから姿勢が悪くなるんちゃうか?」と言って、
食卓椅子の背もたれを、ノコギリで全部切り落としてしまったり。
(ちなみに背もたれが生えていた切株は、ささくれが危ないからと、
『核兵器廃止』『トマホークくるな!』というシールでフタをされていた…)

「リビングの扉の開閉音がうるさい」と言って、外してしまったり。
「犬が庭に穴を掘るから」と、
いちばん深く掘られる箇所にコンクリートを流し込んだり。

「ブロック塀が寂しい」と、自分で壁画を描いてしまったり。
(この壁画に、私の友だちはみんな大笑いした)

母は、保育士だった。
たいていの子どもは彼女に興味津々で、
何かしら、ちょっかいをかけに来て、彼女と遊びたがった。

そして母は、ご近所とも仲良しで、
あれほど思想的に硬派だったのに、みんなが家に集まってきた。

それは、彼女の思想が、理屈や机上の論理じゃなく、
彼女自身の切実な願いや、肌で感じる拒否感の表現であったからだと思う。
難しいことを語るのではなく(たぶん難しいことは理解していなかった)、
「不特定な誰かに」ではなく、「目の前に相手」に、
ただ人なつこく話しかけてたから。
母が、何らかの思想を語っているなんて、思う人はいなかったかも。
彼女自身も、そう思ってなかっただろう。


私も、マルクスは、母の実感を言葉にしただけのような気がしてる。
先に母。そして科学…。

どんなにエライ人と話すときでも、
「目の前の人の向こうにある何か」ではなく、
「目の前の人」に直に話す感覚、とか、

実感の伴った願いや、肌で感じる拒否感を根拠に、
政治的判断をするクセ。

まったく母ゆずりだなぁ…と思う。



↓↓↓応援ポチッとお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
プロフィール

ゆりひなな

Author:ゆりひなな
おもしろい記事書くために、おもしろい生活できたらええなぁ。その逆でもええけど。

私のおすすめ記事

●「ご存じ山田寺」みたいな。 ●橋下人形と新自由主義の大実験1~4 ●「百年目」 ●ロスジェネの迷走 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
過去ログ +

2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 01月 【5件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【3件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【7件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【7件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【16件】
2011年 12月 【21件】
2011年 11月 【23件】
2011年 10月 【25件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【30件】
2011年 07月 【20件】
2011年 06月 【17件】

ブックマーカーリスト
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR