スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪市の学校選択制、チグハグ。

大阪市が検討している学校選択制。
やっぱし、どう考えてみてもチグハグ。

7月に可決した大阪市学校活性化条例16条には、
「学校選択制」と「指定外就学の許可基準緩和」が併記されている。
つまり、就学制度における規制緩和のうち、
この条例によって、2つのやり方を導入することができるわけ。
もともとは、学校選択制だけが記載されていた箇所に、
橋下さんがスルーしていた指定外就学というやり方が加えられたという、
その経緯は、たぶんに政治的らしい。

「指定外就学の許可基準緩和」っていうのは、
理由がある場合に指定校(校区の学校)以外の学校に行くのを認める、
その要件を緩和するということ。
大阪市はこれまで、他都市に比べ、この要件が厳しかった。
「越境入学は許さない」をスローガンに、校区を厳格に守ってきた経緯がある。
平成9年に「いじめ」を理由とした指定校の変更は認めてるけども…。

これね、他都市では、先に指定外就学の緩和があって、
その後に、学校選択制ブームがやってきて、
そしてブームが去って行ったんね。
だから、全国的に見れば何故このタイミング?
しかも、何で2つ同時に?というのもチグハグ要因。
さらに、区教委もないのに24区で個別に実施ってのも、
24区ったって、合区の予定もあるやろうにってのもチグハグ要因。

この指定外就学、例えば、
「(指定校より)自宅から最も近い学校に行く」
という要件を緩和した場合、
学校選択制の一押しメリットであり、
保護者が最も望んでいるとされる「近い学校」に行くことは叶えられる。

しかも、理由があっての指定外就学は、優先度が高いため、
より重い理由のある子どもから対応してもらえることになるやろう。
そうなると、学校選択制を併存させる意味あるのかな、というのが素朴な疑問。
どのみち、受入れ側にもキャパがあるから、
そんなに多くの希望者を受け入れられるわけじゃない。
指定外就学だって、希望者が多ければ抽選になるかもしれん。
その上、まだ学校選択制による自由な希望者まで入れる余裕あるんかいな。

もしも、A君がいじめを理由に指定外就学を認められた中学校に、
加害者B君が学校選択で入ってきたらどーすんの?とか、
えげつない矛盾も出てくるしね。

この2つ、規制緩和という点ではよく似てるけど、
実は大きな違いがある。

「指定外就学の許可」は、あくまでも市教委が許可するわけで、
校区の学校に行くことが叶わない事情があるときに、
市教委の責任で指定校を変更するということ。
つまり、行政の責任。

一方、学校選択制は、選ぶ保護者に責任があるとされる。
選ぶ自由と引き換えの責任。

これ、一緒くたにしてしもたら、
それこそ、保護者は責任とれるほど制度理解でけへんで~。
何で指定外就学を許可するだけで足りんのか、
何でそんなに選択による保護者責任をお奨めするのか。
そないに公は責任取り過ぎてると思ってる?

公教育って何?
自由って何?
消化不良のキモチワルさと共に、
やっぱり出てくる疑問は、なんで今?
今、やろうとする本当の目的は何?

で、結局、よく考えてみても、この問題意識に回帰すんねんなぁ…。
⇒「大阪市の『学校選択制』はスジが悪い


にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

子どものセリフメモなど。

お餅ちゃん(3歳)

● 皮むくの手伝ってもらおうと思ったら…
 「トウロモコチのたみのけがもじゃもじゃちててイヤやねん」
  ⇒トウモロコシの髪の毛がもじゃもじゃしてて嫌やねん。
  

福ちゃん(小学校1年)

● ぼんやり遠い目をしつつ時々笑うので「どうしたん?」と聞いたら、
 「あのな、エアDSしてんねん」


ボン(小学校3年)

● じぃじとの会話。
 「じぃじが子どもの頃は、もっとたくさん路面電車走ってたんやで」
 「え、ほんなら、じぃじの子どもの頃って恐竜とかおった?」


みんなねんね
↑↑ とにかく、寝させるというままごと。すごい人数寝かせてあることもある。



にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村

お魚Tシャツ。

魚類図鑑を買った。
ボン(小3)は、何故か動物図鑑よりもお気に入りで、
よくパラパラと眺めている。
そーかそーか、ママも魚類図鑑好きやってん。
(なんでかわからんけど)。

てなわけで、ママ画伯は、ハンカチに布用クレヨンで魚を描いてみた。
兄弟妹3人に、図鑑の中から好きな魚を選んでもらったら、
ボンがアロワナ、福ちゃんがエンゼルフィッシュ、お餅ちゃんが金魚。
画力の中途半端さをダメだしされつつ、アイロンがけ。
布用クレヨンは、アイロンで定着させたら洗濯しても大丈夫。
で、Tシャツに縫い付けたのが、「お魚Tシャツ」。

3人は、「ちょっと気持ち悪い~」と言いつつ着てくれる。
ええ子らや。

お魚Tシャツ


↓↓↓ 応援ポチッとお願いしま~す!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村

戦争を身近に感じるかどうか。

今日は終戦の日。
戦争は、67年前の出来事になった。

でもね、
私には、戦争の足音が聞こえる気がすることがよくある。
大阪市に住んでるからかなぁ。
最近、よく実感する。

教育にからみついてくる統制。
熱狂をもって迎えられる独断。
思想信条をおぞましいもののように言う彼。

昨日、若い友だちと話してたら、彼女はそんなの感じないって。
ほとんどの人は、そんな風に感じないんじゃないかって。

そうなのかぁ。

私がそんな風に感じる理由は何かなって考えた。
あらためて考えると、
背景にあるのは、理屈のある思想なんかじゃない。
生活の嗅覚というか、実感というか…。

1つは、子どもを持ったこと。
私は、子どもの未来を見るために今を見ている。
子どもらが受ける教育が、彼らに何をもたらすか、
子どもらが漕ぎ出す社会には、何が準備されているのか、
子どもを起点にして考える。
すると、結果として危機感を抱いてしまう。

それから、もう1つは、やっぱり母のこと。
(⇒http://yurihinana.blog.fc2.com/blog-entry-242.html
彼女の抱えていた寂しさを思うとき、
戦争が何か、その本質が見えるような気がする。
戦争は、たくさんの「小さな彼女」を傷つけるだろうと思う。
戦場や空襲の焼野原、たくさんの人の死という事実が確かにあるのと同時に、
見えないけど、悲しい「小さな彼女」を作ってしまう。
どれだけ多くの子どもたちが傷つき、どれだけ多くの大人が悔いたのか。
そんなデータはないけど、身近だった彼女の人生に実感するもの。

私は、子どもを脅かすものとして、本当に戦争を警戒してる。

生活の中で戦争を意識するかどうかを問いにすれば、
ほとんどの人は意識しないだろう。
でも、生活に入り込んでくる粗暴なニュースに、
「何か違うな」とか「何かやばいな」と思う人は、
結構いるんじゃないかなぁと思う。
そういう嗅覚を頼りに、子どもの未来を考える手をつなぎたい。



にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村

反社会的ということ。

お餅ちゃん(3歳)は、現在、ドキンちゃんである。
兄たちから、おもちゃは取り上げるし、
気に入らないとすぐにモノを投げるし、
欲しいモノは泣いてでも手に入れようとするし、
なかなかゴメンナサイが言えない。

「おまちゅりやから、おたれちていくもん」
(解説⇒お祭りやから、オシャレして行くもん)
と言って服を選ぶ。セリフからしてドキンちゃん。

ドキンちゃん。 ←今日、お祭りでgetしたの。

「自分が楽しくて幸せっちゅうのがいちばん。
でも、自分の楽しさが、他人の迷惑になることがあって、
それが、反社会性ちゅうことになる」って、
先日のイベントで、落語家の笑福亭竹林さんが言うてはった。
昔で言えば、暴走族の子なんか、1人1人は気のええ子やったりするけど、
自分の楽しさと、他人の迷惑の計り具合がわからんのやね…って。
個人の楽しさを軸に、社会性を語ってはるとこがよかったん。

それって、やっぱり、他人も喜ぶことが嬉しいとか、
他人が嫌がったら自分だって嬉しくないとか、
他人との関係の中での、自分の楽しさっていう社会性を育むことなんやろうなぁ。
人とのつながりの中でしか、育てられないバランス感覚と思う。

その辺で言えば、ドキンちゃんはすごく反社会的。
3歳のお餅ちゃんは、これから、「やりすぎ」はアカンということも含め、
他人の迷惑を慮る練習をしていくんやろうと思う。
すでに、兄たちに対して、やりすぎた場合(福ちゃんを泣かすとか…)、
「シマッタ」という顔で、手元でいちばん価値あるおもちゃを渡そうとしたりする。

大人になるまでに、それを知るには、
人から大事にされたり、人を信頼したり、人を愛したり、
そういう経験があった方が、きっと近道できるんやと思う。

そして、もう一つ、大人の社会に個人の楽しさを追求できる環境があることかなぁ。
大人の社会が、個人を軽んじて、個人の幸せを踏みにじるケースにあふれてたら、
子どもは、どんな社会性を身につけるのかと思う。

オスプレイやら原発やら、
反社会性が、他の人を軽んじることを起点とするなら、
それらを押しつけることは、反社会的な行為ではないかと思う。
「公共の利益」が勝るのは、百歩譲って「やりすぎ」ない範囲。
「やりすぎ」たら、引かなあかんってことを、大人の社会が示すべきと思う。

今、まさに社会性を身につけようとしている我が子を見てると、
そんなことを考えたりする。


にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
プロフィール

ゆりひなな

Author:ゆりひなな
おもしろい記事書くために、おもしろい生活できたらええなぁ。その逆でもええけど。

私のおすすめ記事

●「ご存じ山田寺」みたいな。 ●橋下人形と新自由主義の大実験1~4 ●「百年目」 ●ロスジェネの迷走 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
過去ログ +

2017年 07月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 01月 【5件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【3件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【7件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【7件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【16件】
2011年 12月 【21件】
2011年 11月 【23件】
2011年 10月 【25件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【30件】
2011年 07月 【20件】
2011年 06月 【17件】

ブックマーカーリスト
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。