スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハーベストの丘」で芋ほり♪

土曜日、あんまりいい天気だったので、久しぶりに家族で遠足。
堺の「ハーベストの丘」に行った。
メインは芋ほり!!
先着50名に間に合わなかったにもかかわらず、
「日曜日が雨なので定員オーバーでも掘ってもらいます~!」
というアナウンスを聞きつけて、すべり込みでエントリー。
わーい。たくさん掘れた~☆

芋ほり。

おもしろ自転車も、
アニマル戦隊ハーベストレンジャーも、
みのりちゃんの着ぐるみも触って、楽しかったね~。

怖がり福ちゃん(小1)が、羊やアルパカにタッチできたのは成長。
お餅ちゃん(3歳)は、ウサギさえも怖がって触れない…。
普段のキミの方がよっぽど怖いんですけど。


にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

大阪都構想と学校選択制。

またまた学校選択制のこと。
半年間、専門的に勉強してきたんで、やっぱりちゃんと伝えたい。

学校選択制に期待する保護者の思いはさまざまやねんなぁ。

うちの近所の、新築大規模マンションの例。
校区の小学校は、もともとキャパが小さいから、たちまち満員になって、
マンションに住民が住み始めてから、校区変更が行われた。
校区の境界線を、後出しジャンケンみたいに変えられたら、そりゃぁ住民は混乱するよ。
だって、すでに通ってる子は?中学校区は?兄弟は?

そんなとき、
学校選択制があれば、空いてる学校を選べるかも…
あるいは、校区の学校が1校と決まっているリスクが緩和するかも…
となるよね。

それは、いわゆる学校選択制ではなくても解決できる。
「指定外就学の基準の拡大」という措置なら、
保護者にとっては、選択制と結果は変わらん。
就学制度改善の手法については2種類ある。←これ知られてない…。

こちらの23ページを参照してくださいまし。
大阪市教育委員会「熟議学校選択制 報告書」

選択制でなく、この「基準拡大」だけでいいと思う理由は、
「選択」をすれば、親の権利と引き換えに責任がセットになるから。
本来、就学は行政の責任で整えるべきと思うから。
そうでなかったら、「選ばない」ではなく「選べない」層が置き去りになるから。

もちろん、こういうケースでは、
就学制度以前に、区の権限を強化してやるべきことってのはあると思う。
教育委員会と建築許可を出す部署の連携から始まって、定員の調整、学校の増設など、
保護者を右往左往させる前に、行政がすべきことはたくさんある。
そのためには、区の権限強化は名目上の権限だけでなく、
きちんと予算執行できるだけの財政強化でないとアカンと思う。

ここで、問題になるのは、特別区単位で組める予算の範囲。
現在、維新の会がすすめてる大阪都構想では、特別区への予算配分が非常に危うい。
私が、都構想がおかしいと思うのは、予算配分にムリがあるからなん。

東京都は、全国で唯一、地方交付金を受け取らずに、自前の予算が組める都市やけど、
大阪府市はあわせても、東京の財源規模には、はるかに及ばん。
住民1人あたりからの税収も、比較にならん。
地方交付金がない状態で、大阪都が一括徴収した税から、
大型事業分を持っていき、残った税を特別区に分配するときには、
元大阪市では、大阪都以前の税収配分よりも少なくなっていることが予想される。
これなんか、とってもよくわかる。
⇒「大阪都構想の財源問題」立命館 大森裕之教授

そうなると、少ないパイ(π)を、住民サービスが奪い合うことになる。
「老人に金出しすぎちゃう?」とか「教育はもっと自己負担できるでしょ?」とか、
「総合病院は減らさなアカン」とか、「図書館なんていらんのちゃう?」とか。
そうなることは、予算規模から言えば目に見えているので、
現在、「市政改革ブラン」で先取りして切り捨てるとこを示してるわけやね。

小さな政府、地方分権、自立する地域、自立する個人…。
どれも、聞こえはいいけれど、
本当に自立するには、先立つモノがなけりゃあムリなわけで。
要するに、お金の流れをどーすんの?って話。

区みたいな身近な単位が、名実ともに大きな権限を持つってことは、
地域社会にとって希望になるはず。
「ニア・イズ・ベター」って、すごく大事なこと。
だけど、それが、個人の自立に支えられる地域の自立であり、
受益者負担の原則が基礎になるんやとしたら、
自分で立つだけの力がない地域や個人は、どうすればええん?
しかも、福祉や教育の受益者って、はたして個人なんやろうか。
それが、社会全体の受益やからこそ、公共が支えてきたんとちゃうんやろか。

とすれば、
学校を選択するということに、保護者の責任をからめる意図は、
苦しい予算配分の区単位で、教育における市場価値部分を利用することによって、
保護者に受益者負担を強いるためやと私は思う。

そうまでして、大阪都にお金を集めたい意図は、
リニアや淀川左岸線やカジノなどなど、
大型開発を一手にできるからちゃうんかなぁ。

ほんまのとこ、どーなんやろうか。


にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村

リボンとコップ入れ巾着。

今日は、保育園の運動会。
火曜日は小学校の運動会やったから、今週2回目。
つーかーれーたー。

保育園児はもちろん、小学生もすんごい可愛いから、
いっつも泣けるほど感動するけども、身体はかなり疲れるのん。
お餅ちゃんが園児の間、あと3年は、2つの運動会があるんやなぁ。
しかし、期間限定の可愛さ、しっかり見ておくべし…。

小学校の運動会、マンモス校やと大変やろうなぁって思う。
うちの小学校は500人未満やから、まだマシやろうけど。
統廃合が進んで、各校定員いっぱいまで詰め込まれたら、しんどいやろうなぁ。

保育園も、新システムが導入されたら、
こんな素晴らしい運動会、続けられるかなぁ。
保育自体が時間でブツ切りにされたら、保育士も園児もバラバラになる。
「保育ニーズにあわせる」って、要は受益者負担の徹底かも。

んなこと考えたら、憂鬱になるわぁ。

帰宅後、お餅ちゃんのリクエストに応えて、
保育園でコップを入れる巾着を新調。
余った布で、ゴム付きのリボンを作った。
今、3歳児女子の間では、ちょんまげリボンが流行っているらしい。
「あちたから、ジボンちていく~」(→明日からリボンしていく~)。
女子は大変やわさ。

リボンと巾着。


↓↓↓ 応援ポチッとお願いしま~す!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村
プロフィール

ゆりひなな

Author:ゆりひなな
おもしろい記事書くために、おもしろい生活できたらええなぁ。その逆でもええけど。

私のおすすめ記事

●「ご存じ山田寺」みたいな。 ●橋下人形と新自由主義の大実験1~4 ●「百年目」 ●ロスジェネの迷走 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
過去ログ +

2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 01月 【5件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【3件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【7件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【7件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【16件】
2011年 12月 【21件】
2011年 11月 【23件】
2011年 10月 【25件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【30件】
2011年 07月 【20件】
2011年 06月 【17件】

ブックマーカーリスト
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。