「死を招いた保育」

「死を招いた保育―上尾保育所事件の真相」(猪熊弘子著)

著者は、保育問題をずーっと追ってはる方で、保育士さん相手に講演もしてはる。
だから、保育所関係者に、この本を読んでもらって、
二度とこんな悲しい事件が起きないようにしてほしいって思いが伝わってくる。
でも、保育所にわが子を預けるパパママが読むのもおすすめしたい。
実際、読みすすめていくうちに、自分が保育所になにを求めてるのか、
確認することができたし、保育所との関わり方について考えさせられた。
すごく読みやすくて、自然に自分の気持ちを重ねて、事件を追体験することができた。
幼い命が失われた事実をどう受け止めるのか。
取り返しがつかないだけに、読後は重くて辛かった。

4人の子を保育所に預けてきた著者は、
保護者としてあたりまえの「何で?」を追求してる。
何で連絡帳にこんな風に書くの?
何でこの子の全部を見てくれないの?
何でお友だちとの関係をこんな風に判断するの?
何でこんなにも目が届かない状況なの?
何でこんなところに引き戸のついた本棚を置いといたの?
その「何で?」の先に、この保育所のあり方の問題点があって、
この事件に必然性があったということが理解できる。

しかも、これらの問題点は、この保育所単体で済まないと思う。
子ども子育て新システムでは、保育が輪切りにされ、
保育の連続性がさらに失われる可能性が高い。
「保護者のニーズにあわせる」という理由で、
時給で雇われた保育士さんが、その場限りの保育をするケースが増えるやろう。
保育士なんて責任の重い仕事を時給数百円で背負わせるなんてやり切れない。
そんな責任背負いきれない。

保育士は命を預かる職業。
だから、保育士どうしが連携し、子どもの状況を把握しあって、
日々の連続性の中で、どうしても個別の対応をする必要がある。
保護者の最大のニーズは、朝元気に保育所に飛び込んだわが子が、
元気に手元に戻ってくることではないの?
保育士の身分を保障し、保育の専門性を高めてもらうことが、
わが子をまもることにつながるってことを、私らは知ってる。
「保護者のニーズ」を楯に、
保育環境を軽んじる政策を打ち出すことはユルサナイ。

死を招いた保育

にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

子どもの世界を慮る。

大阪で、小学5年の子が学校の統廃合を苦に自殺した。
このニュースを聞いたとき、私は、わが家のことを考えた。
うちの子どもは、こんな風に死を選ぶ可能性がないやろうか。
そして、すごく怖いと思った。
他人事じゃない気がした。

うちでは、子どもとニュースや新聞を見てよく話をするし、
子どもは、学校であったことを細かく話してくれる方やと思う。
小学校低学年の子どもたちだって、あなどれない。
きちんと考えて、自分の言葉で意見を言う。
変に子ども扱いしないで、子どもの考えることに向き合いたいと思ってきた。

だけど、子どもの見ている世界を、私は見れているのかな…と不安になる。
幼い彼らの精一杯、満タンの思いというのを、私は知ってるのかな…と思う。

情報は、親からだけではなく、学校からも友だちからもテレビからも入ってくる。
今は、子ども世界の速さや色や臭いを想像するしかない。
かつての自分は、そんなにも子ども子どもしてたっけ?
案外、いろんなことに注目して、冷静に分析してた。
そのくせ、すぐに思いがパンパンになって、溢れそうになってた。

このところ、ずっと首長が主導する教育改革が物議をかもしていることを、
子どもが注意深く見ていたとしたら?
パブリックコメントが軽んじられていること、
教育委員会が右往左往すること、
統廃合も学校選択制も、反対派の大人がいても、大筋で方向性に変わりようがないこと…。
そんな中、大きく情勢が変わったのは、桜宮で高校生が自殺した件だけ。
自殺者が出たから首長も教育委員会も動くのだ、という強烈なメッセージを、
子どもが受け取っていたとしたら?
そんなことを思う。

どんなときも命と引き換えになんかしてほしくない、
彼のご両親もきっとそう強く思ってたはず。
私も、わが子にそう言いたい。
それは、絶対にわかってもらう。
でも、子どもは親とは別の場所で、子どもの道をひた走ってるということも、
肝に銘じておこうと思う。


にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村

チョコレートフォンデュ♪

小学校ではチョコの受け渡しが禁止になったらしく、
うちのボンたちはチョコとは無縁やった。
母は、みんなこっそり渡してんのちゃうん?と思ったけど、
本人たちは全く気にしていない様子なので、ま、いっかー。

家では、デザートにチョコレートフォンデュで、大盛り上がり♪

チョコフォンデュ

ところで、帰宅したボン&福ちゃんのほっぺが、異様に白かったので、
「その顔、どしたん?」と聞くと、
「これなー、お化粧やねん。えへへへ」と2人。
どうやら、帰り道に、人んちの白い塀を触ったら、白い粉が手についたので、
顔に塗りつけあって、「お化粧や、ぎゃははははー」となったらしい。
制服も白い粉だらけ(T_T)。


にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村

就学援助申請はややこしい。

大阪市の就学援助制度に変更があるらしく、
学校からお知らせがきた。

主な変更点はこの3つ。

○持家の人より賃貸の人の方が援助金額が多くなる。
○父母だけでなく18歳以下を除く世帯全員の所得が審査される。
○未申告の親族所得は一律「38万円」と見なす。

つまり、大学生のバイト代も世帯の所得にカウントされるし、
確定申告してなかったら、無収入でも不利になるってことやね。

こういう変更って、一見、公平な感じがするし、改革に見える。
けっこう収入あんのに就学援助なんかもらってズルい家庭ってあるやん?って。
大阪は、4人に1人がもらってるって話やし。
 ⇒ 就学援助が過去最多(2011/10大阪日日新聞)

就学援助

でもね、このお知らせ、理解すんの難しいんよ。
そもそも、どないかズルして就学援助をもらおうとする人は、
きっとこの書類の意味が分かる。だからどないかすると思う。
ほんとに困窮してる人に、この変更ってちゃんと届くのかな。
理解できない人が振るい落とされてしまわへんかな。

生活保護もね、1%ぐらいは不正受給してる人がいるかもしれんけど、
多くの人は、そこにたどり着くまでが長い道のりで、
たどりつけないままの人もたくさんいる。

大阪で子ども2人を置きざりにして殺しちゃった彼女も、
公的な支援が受けられる条件でもある住民登録すらしてなかった。
 ⇒ 「いいママになりたかった」(毎日新聞2013/1)
児童扶養手当の予算額も、支援体制の人員も、
本当に必要としているすべての人に行きわたるよう準備されてない。
それは、見つけた人だけが受けられる。
見つけられない人は、永遠に見つけられない。

確定申告しなければペナルティーがあったり、
大学生が自分のために必死に働くことがアダになったり、
そーいう変更って結局何のため?
公平さの陰で、こぼれ落ちて行くのは、どんな人たちなん?

増える公的支援が、財政を圧迫するって考える人は多い。
でも、住民登録や確定申告の意味がわからない人を置きざりにすれば、
それがグルグルと輪廻する。
その人が社会に参加できることが、その人ごと周りも引き上げる、と私は想う。



にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
プロフィール

ゆりひなな

Author:ゆりひなな
おもしろい記事書くために、おもしろい生活できたらええなぁ。その逆でもええけど。

私のおすすめ記事

●「ご存じ山田寺」みたいな。 ●橋下人形と新自由主義の大実験1~4 ●「百年目」 ●ロスジェネの迷走 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
過去ログ +

2017年 07月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 01月 【5件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【3件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【7件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【7件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【16件】
2011年 12月 【21件】
2011年 11月 【23件】
2011年 10月 【25件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【30件】
2011年 07月 【20件】
2011年 06月 【17件】

ブックマーカーリスト
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR