スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もステテコズボン♪

ユ○クロのステテコに対抗して、今年も作った~。
フトモモが太いうちの子たち用に、型紙を変更。
ジャージ素材じゃないから、ゆったりでないとね。
うちの3人(小5、小3、5歳)に加えて、2歳の姪っ子のも。
ズボン屋さんやわ~。

ステテコズボン

小3の福ちゃんは喜んでくれたけど、
小5のボンは、「レッスンバッグと同じ柄のズボンは嫌や(-"-)」ってさ。
だって、残ってる綿生地、つこてしまいたかってんもん。
しょぼ~ん(T_T)。

仕事とか忙しいときに限って、手芸がはかどるんよね~。
これって逃避やんね~。

ステテコモデル1

スポンサーサイト

「聖職」って何よ。

立て続けにイヤ~な気分になる話がニュースになってる。
まず、何でニュースになってんのかが、もひとつわからんねんけど。

担任、息子の入学式へ…高校教諭勤務先を欠席、教育長が異例の注意
埼玉新聞 2014年04月11日


公立中学教諭:のど自慢か、授業参観か…年休取り出演
毎日新聞 2014年05月17日 07時07分


いやまぁ、間の悪いときに有休とらなアカンかってんな・・・ぐらいの話やん。
しかも、担任がのど自慢とか、めっちゃウケるやん。

でも、「教師は聖職なのに」ってさ。
ちょっと待てよ。聖職って何さ。
「人を教え導くこと」が聖なる仕事なんやったら、
「教育」そのものが聖職やんか。
1つの側面しか見ないで、個人を責めたてる人らは、
そもそも教師を、聖職者として尊重してるんか。
教え導こうと工夫する教師のオリジナリティーを尊重してるんか。
教師が、個人として人生を充実させながら、子どもたちに向きあうための選択を、
偏狭な同調圧力で封じ込めようとする方が、
そっちの方が、よっぽど聖職を冒涜してると思わんか。

「教育」に対するリスペクトも浅いくせに、
個人を縛りつけるために、「聖職」って言葉を都合よく使う。
消費者気分で、教育を品定めして、教師をツールとして利用する輩にかぎって、
鬼の首とったみたいに失点をあげつらう。
しかも、保護者でも何でもなく、議員やったり有力者やったりさ、
外から、正義ヅラして、直接知りもしない教師を吊るし上げたりする。
もぉー、誰アンタ!
その後、しょんぼり元気のなくなったしくじり先生と、
毎日接して、教えを受けていくのは、他でもない子どもやんか。
そっちは、謝罪させて、うっぷんを晴らすだけで済むやろうけど、
子どもと教師の関わりは、入学式や参観日だけじゃない。
むしろ、平凡な日常こそが、教育の現場やんか。

くだんの教師は、後々子どもに向き合ってリカバリーするチャンスがいっぱいある。
今後、子どもの信頼を得て、子どもを導いていくかもしれん。
その過程こそが教育ちゃうんか。

一方で、校長が覚せい剤で捕まったら、
「子どもにどう説明したらいいのか…」。

「親はどうすれば…」大谷小で保護者説明会 覚せい剤所持容疑で校長逮捕
西日本新聞 2014年05月10日


そらまぁ、ショックやけどさ~。
ここでも「聖職」をはき違えてるで。
どうしようもない校長やけど、そこ隠してどないすんねん。
子どもに聞こえのいいことばっかり吹き込むのが聖なることちゃうやん。
子どもにガチで向き合うこと、そのものが聖なることやんか。
校長が何でアカンかったか、フツーに向き合って説明すればええやん。
個人が聖人かどうかではなく、教育という行為が聖なるものやん。
子どもの学びをなめてもらったら困る。

公教育の理念も忘れて、教育を市場にさらしといて、何が聖職やねん。
どの口が言うねん。
ってか、言うてるやつ、アンタ誰?

フモフモさんの打ち直し♪

職場のみんなからプレゼントしてもらったフモフモさん。
わが家に来て8年。
中綿がヘナヘナになって、もはやカエルの面影もないので、
子どもたちに「もうお別れしよっか」と言ったところ、
「アカン~!!」と猛反対された。

↓ヘナヘナのフモフモさん
DSC_0510-1.jpg

で、ベビー布団の中綿を使って、打ち直ししてみた。

↓まずは脇から古い綿をぬく。
DSC_0511.jpg

↓そして洗濯。
DSC_0513.jpg

↓綿入れて脇を縫い合わせて完了。
DSC_0519.jpg

↓ムキムキになったよ~!
DSC_0523.jpg





プロフィール

ゆりひなな

Author:ゆりひなな
おもしろい記事書くために、おもしろい生活できたらええなぁ。その逆でもええけど。

私のおすすめ記事

●「ご存じ山田寺」みたいな。 ●橋下人形と新自由主義の大実験1~4 ●「百年目」 ●ロスジェネの迷走 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
過去ログ +

2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 01月 【5件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【3件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【7件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【7件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【16件】
2011年 12月 【21件】
2011年 11月 【23件】
2011年 10月 【25件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【30件】
2011年 07月 【20件】
2011年 06月 【17件】

ブックマーカーリスト
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。