「戦争やめよう」って何で言わんの。

パリで、テロに抗議する大規模デモがあった。
映像見て、すごいな~、と思った。
「私はシャルリ」だけでなく、「私はムスリム」や、亡くなった警官の名前を掲げる人も。
みんな「暴力で黙らせる」という手法が嫌なんやな~、と思った。

ところが・・・。
デモに参加してるとおぼしき各国首脳の姿。
ネタニヤフとかサルコジの顏も。
何やのん。キモいやんか。

しかも、これ、後で「やらせ」ってバレてた。
⇒ Paris march: TV wide shots reveal a different perspective on world leaders at largest demonstration in France’s history
デモがええ感じやっただけに、ダサダサ。

何にいちばん違和感があるって、戦争してる国ばっかしやん。
フランスはデモに参加したその足で、イスラム国に空爆行くし。
イスラムの国々だって、暴力による人権侵害が問題になってる首脳が多い。

シャルリ・エブドがどんな雑誌か、
フランスの言論の自由への考え方がどうとか、よう知らん。
フランスにも、きっと言葉の暴力は存在するし、
欧米資本が流布する価値観による抑圧だって存在すると思う。

でも、それと、各国首脳のパフォーマンスの気持ち悪さは別次元。
だって、戦争っていちばん大きな暴力ちゃうん?
「テロに屈しない」と、「言論を守ろう」はイコールじゃない。
少なくとも彼らの「テロに屈しない」は、ときに暴力を使ってでも国として対抗するってこと。
軍や警察を強化し、テロへの動きを取り締まるってことは、同時に国民を見張るってこと。
他国に存在する組織を標的に、暴力を使うのを正当化するってこと。

したり顔で歩く権力ポジションの面々は、テロの背後にある貧困や搾取に、謙虚に向き合うやろうか。
そこんとこ、疑わしいから気持ち悪いねん。

個人の自由を守る闘いと、一緒にするなよ。
個人が抱く「赦し」を汚すなよ。
利用するなよ。



スポンサーサイト

コワイのは、萎縮の自粛スパイラル。

パリで、新聞社がイスラム原理主義者らしき人らに襲われた。
パリの新聞社で銃撃戦に これまでに12人死亡(NHK-WEB 1月8日)

まるごしの会議中の人々を射殺した後、
撃った警察官を、また戻ってさらに撃つ映像。
あまりに残酷で見てられん。
絶対におかしい。こんなやり方。

だけど、各国トップのコメントにも違和感が残る。
安倍首相の「テロには屈しない」(棒読み)はもちろん、
プーチンさんの「かならず厳罰を」も、
ネタニヤフさんの「ほらね、私たちに正当性あるでしょう?」ばりの乗っかり方も。
何がいちばん引っかかるのか。
それは、「私たちは言論の自由を守るのです」という宣言がないから。

イスラム教徒を攻撃してみるとか、
襲われた新聞社の風刺画を批評してみるとか、
国家レベルで危機に備える契機にするとか、
好き勝手に事件を利用しようとせんでほしい。
あさっての方向に矛先向けて攻撃せんでほしい。

国家がやろうが、原理主義集団がやろうが、言論弾圧は暴力。
兵糧攻めや村八分、黙らせる方法はいろいろあるけど、やがて大きな暴力につながる。
直接手をくだすのもあり、ちょっとけしかけるだけもあり。
あの朝日新聞襲撃事件や、
今起きている北星学園大への脅迫も同じ。
派手に脅しがかかれば、あとは委縮と自粛のスパイラルが始まる。
黙らせた後は、総動員で戦争も可能。

品があろうがなかろうが、黙らせることが統制への道。
黙らせることが権力の至上命題。
だから、対峙してるのは、イスラムでも安倍さん個人でもない。
個人を黙らせようとする権力やと思う。
集団の大義に名を借りて、個人の自由を奪うものが相手なんやと思う。

爆笑問題の政治ネタ没でNHK籾井会長「個人に打撃、品性がない」


ひつじ年カレー♪

お風呂カレーをいろいろ試し中のこの頃。
子どもたち、大喜び(*^^)v

新年あけましての羊カレー。
ラム肉じゃないよw

10892003_508659929276827_6159136321434646438_n.jpg

で、こっちは猫カレー。

10730819_484888794987274_5173492088260374760_n.jpg

もうちょっと改良の余地がありそうです…。

「しらんけど」の美学。

なにわ女子には、語尾に「しらんけど」をつけて煙に巻くという日常がある。

「朝バナナって身体にええねんて~。しらんけど」
「あそこんち、奥さん出ていかはったらしいで~。しらんけど」
「ガソリンまた上がるらしいで~。しらんけど」

はっきりした理由は不明でも、善意でおススメする健康プチ情報とか、
不確かながら、ちょとした悪意で広めてみたい面白ネタとか、
聞いたのに、詳細を忘れてしまったニュースの一部分とか・・・。
いまいち自信は持てないものの、情報として提供したい事柄に使用する。

「万代で今日玉子99円やで」とか、
「あの2人、結婚してんで」とか、
「明日は雨降るで」とか、
確かなネタには「しらんけど」はつけない。

我ながら、「しらんけど」の多用って責任放棄やな~、と思ってた。
だけど、考えようによっちゃ、けっこう謙虚な乙女心のあらわれなんちゃう?
これ、紅白でのサザンの選曲をめぐって、おっさんらがやいやい批評してるのを見て思った。
うちらやったら、「サザン、よかったな。そないしらんけど」ぐらいの話やで。
だって、サザンの曲、そんなに全部しらんやん。
にわか批評はみっともないし、それこそ無責任やって知ってる。
だから、しらんかったら、「しらんけど」って言うてみる。

「しらんけど」には、「続きはWEBで」的な誘導も含まれる。
「〇○は〇○だ!」と断定せずに余韻を残し、「あとは自分で調べてね」って。
断定を使えば、そこで物語は終わってしまう。
会話はキャッチボール。
なにわ女子は、相手が打ち返せるボールを投げてるんやと思う。
「しらんけど」をつけたら、朝バナナが何で身体にええか、説明してくれる友だちがおるかもしれんやん。
ガソリン価格の話から、ロシア情勢と円安の話に広がるかもしれへんやん。
そんで、会話になったら、理解も深まるやん。

「しらんけど」は、相手を思うから言う。
「しらんけど」は、無責任になりたくないから言う。
で、「しらんけど」は、しょうもないプライド棄てな言われへん。
「しらんけど」って言うてみよう!
クセになるから。

にわか監督のおっさんか。

紅白でのサザンの選曲がよかったとか悪かったとか…。

「比喩的に政権批判するしかないなんてくだらない」
「平和とか言いながら、2曲目がオリンピック応援歌なんてしらける」
「清志郎を見習え」
って、これ、左派からの評論ぶった批判なわけ。
で、これがSNSとかに乗って流れてくるからゲーってなる。
はぃ~?何言うてんの?

だいたい、直球で「○○反対!」言うことが、最も人に伝わる方法やと思ってる?
何かを人に分からせることで満足?
キモ~。ダサ~。
自分が「答え」を持ってると思い込んでて、ハナから押しつける気ぃまんまん。

歌合戦で、想像力をかき立てられる歌詞に出会うなんてええやん。
どんな受け取り方をしようが、ただ想像する機会やん。
歌だって、映画だって、絵画だって、落語だって、受け手にまかせる潔さが粋なんやん。
そんで、そのほうが、何倍も人に何かを伝えるんやん。
その「何か」が、何で「○○でなければならない」ねん。

茶の間の野球観戦で、「そこは交代やがな!」言うてるおっさんやったらええで。
それは批評とちゃうから。
私かて、ワイドショーのコメンテータ―見て、「この人、えらい右に転ばはったなぁ」とか言う。
そら、ただの感想やから。

おもて出ていって批評家ぶるなら、それ相応のレベルが必要。
SNSはちょっとしたおもてやと思うけど?
どうしても政治的見地から批評をしたいなら、情報収集も分析も必要。
科学的ってそーゆうことちゃうん?



プロフィール

ゆりひなな

Author:ゆりひなな
おもしろい記事書くために、おもしろい生活できたらええなぁ。その逆でもええけど。

私のおすすめ記事

●「ご存じ山田寺」みたいな。 ●橋下人形と新自由主義の大実験1~4 ●「百年目」 ●ロスジェネの迷走 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
過去ログ +

2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 01月 【5件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【3件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【7件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【7件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【16件】
2011年 12月 【21件】
2011年 11月 【23件】
2011年 10月 【25件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【30件】
2011年 07月 【20件】
2011年 06月 【17件】

ブックマーカーリスト
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR