スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gracias a la Vida ~人生よ ありがとう~

南米には、歌を社会変革の武器にする運動がある。
ちょうど今日、アルゼンチンの女性歌手、メルセデス・ソーサが亡くなって2年。
軍政下で拷問されても、歌って闘い、
スペイン亡命後も、歌って南米を励まし続けた彼女は、祖国で亡くなり国葬された。

「人生よ、ありがとう」は、チリのビオレータ・パラが作り、
チリで、選挙による世界初の社会主義政権が生まれる大きな力になった曲。
チリの後、アルゼンチンでも軍事クーデターが起こり、
亡命したメルセデス・ソーサは、ヨーロッパでこの曲を歌ってヒットさせ、
南米の軍政と、その背後にあるアメリカを問い続けた。

でも、「人生よ、ありがとう」は、全く政治的な内容の歌じゃない。
どっちかというと、愛の歌。
この社会運動の中心やったビクトル・ハラの歌も、恋愛の歌がとっても多い。
「民衆の歌」っていうのは、「人生賛歌」なんやなぁと思う。
「愛する人を得て、人生を謳歌して生きたい」と熱望する個々の存在の集まり。
いちばん大切なのは、そのことで、それを守るために闘う。
だから、「愛の歌」が「闘う歌」になったんやなぁ。
軍政は、それを嫌い、「人生よ、ありがとう」を禁じた。
軍政は、つまり、「人生を愛する個々の存在」というのを認めないことで成り立つんやろう。

社会運動で、いちばん大切なのは、個々の「人生への思い」と思う。
それが、原動力でなければ、チカラが出ない。
誰かとチカラを合わせようとするとき、
やっぱり、その人の「人生への思い」を大事にせんと、話にならんと思う。
歌は、今でも、「個々が愛する人生」をつなぐ力になるのかも。



↓ 「応援ポチッ」でブログ村ランキングが上がると、ブログ認知度がグッと上がります。
   私と同じ気持ちで世論形成に参加していただける方、ぜひポチっとお願いしま~す!
にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

1973年9月16日チリの軍事クーデターに斃れたビクトル・ハラをしのんで

さる9月11日に「チリ、1973年9月11日」という記事で、アメリカからの「支援」を受けた軍事クーデターが1973年にチリで行なわれたことについて書きました。 ■チリ、1973年9月11日 http://mu...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 学生時代に出会った歌に「荒木 栄作曲の『子どもを守る歌』」があった。教育に関心があり、勉強していたが、大学民主化闘争が全国で闘われていた時代であった。荒木栄の「労働歌」が歌われた時代であった。「子どもを守る歌」は当時の時代世相と共に、教師を目指した私の心に残っている歌です。「勤務評定反対闘争」の中で作詞された歌ということでした。橋下知事の「教育基本条例」という悪政への闘争が展開されている今日、音楽で共感し、闘争の力を大きくすることもいいなと思う。「子どもを守る歌」の歌詞や子どもを育てる考え方の普遍性は今にも通用するし、根幹でしょう。ネットで検索できます。ブログを読んで、思い出しました。

新しい歌

saitohさん、こんにちは。
南米のこの運動は「新しい歌運動」と呼ばれました。40年も前のことです。
「子どもを守る歌」聞きましたよ♪。「初めて巻いたはちまきの 鮮やかな白さ」という部分が印象的です。その昔、初めて社会変革の運動に参加した「一個人」の、キラキラした感動が伝わります。

私たちロスジェネ世代は、こういう運動にかかわる機会をもたない人が多い。でも、一方で、当時の団塊世代よりも、もっと将来が見えない現状があります。私たちは、私たちの「新しい歌」で闘えたらいいなと思います。今、初めて、反原発の集会に参加する人もたくさんいます。当時、それが新しかったように、今また別の新しいことができたらなぁ・・・と思います。

No title

コメントに反応いただきまして恐縮です。「ゆりひなな」様へ、saitohです。
 感動することと加齢とは関連性が少ないのだなと最近思います。特に
歌に感動することが多いようです。(あんなに音楽オンチだったのに・・)
 私の息子達もロスジェネ世代です。人生に苦闘しています。息子達はロスジェネ世代を代表しているわけでもないので、一般論では語れないが、かなり生き方が慎重ですね。でも彼らは「私が知らなかった鋭い『感性』を持っています。」(ややネオナチ的発想をして困るが・・・)ロスジェネ世代が社会変革に行動する上で、音楽などの文化や感性が果たす役割は団塊世代が想像できないほど大きいように思います。
(このブログで会話してもいいのだろうか?ゴメン)

No title

本文とは、離れますが。今朝からガテンのゆかぬことがあって、質問させて下さい。ハシモト氏が大阪市市長選挙に出るだろう。ということに関してです。知事→市長に変わることは。ただ現市長つぶしの目的だけなんだろうか、それとも、後釜の知事候補は安泰だから?大阪市に乗り込んでハシモト流を広めたいとの判断なのですかね。
近くに居ればよーわかる。というものでもないけど、岡山で聞く限りガテンのゆかぬことです。
プロフィール

ゆりひなな

Author:ゆりひなな
おもしろい記事書くために、おもしろい生活できたらええなぁ。その逆でもええけど。

私のおすすめ記事

●「ご存じ山田寺」みたいな。 ●橋下人形と新自由主義の大実験1~4 ●「百年目」 ●ロスジェネの迷走 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
過去ログ +

2017年 07月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 01月 【5件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【3件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【7件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【7件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【16件】
2011年 12月 【21件】
2011年 11月 【23件】
2011年 10月 【25件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【30件】
2011年 07月 【20件】
2011年 06月 【17件】

ブックマーカーリスト
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。