スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ためいき坂くちぶえ坂」笑福亭松枝

~松鶴と弟子たちのドガチャガ~ってサブタイトルがついたこの本。
1994年、七代目松鶴襲名問題で、笑福亭がごちゃごちゃしてた頃に書かれた。
とはいえ、松枝の名文は、松鶴その人を今も鮮やかに浮かび上がらせ、
師匠に負けず劣らず「濃いぃ」弟子たちの日常をのぞき見させる。

松鶴のエピソードが詰まった「松鶴の腹巻1~8」は抱腹絶倒。
幼い私が見た、あのコワイ顔のおっさん(⇒松鶴遭遇事件)を思い出してニヤけてしまう。

先日亡くなった談志氏は、「落語は人間の業の肯定」と言うてはった。
確かにそうなんやろうけど、松鶴の落語を聞いてると、そない難しく考えんでも済む。
何かもっと軽やかな、哲学というより生活の落語。
落語の登場人物が、いきいきとした生活そのままに、松鶴と「地」続きで出てくる感じ。
「おもしろく生きる」ことを「地」で行った松鶴の噺は、「おもしろい人間」の話。

松鶴が、松葉(七代目)が亡くなって、
繁昌亭ができて、落語はちょっとしたブームになったけど、
今、大阪の空気はおもしろいかなぁ。
変化への期待に胸ふくらませてる市井の人々は多い。
でも、足手まといになる人間を振り落して、
自分より少しでも得してる人間を引きずりおろして、
その先に繁栄があるかなぁ。
なにより笑いがあるかなぁ。

ためいき坂くちぶえ坂

 ↓↓↓ご訪問の記念に「応援ポチッと」よろしくお願いしま~す。
にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : あたしの本棚
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

次は“くちぶえ坂”に

同じ坂でも、師匠邸に赴く時はため息で、帰るときは口笛で――。私たちが生きている空間が、「ためいき坂」でもあり「くちぶえ坂」でもあるということでしょうか。次の政治戦は“くちぶえ坂”にしたいものです。

おもしろくないと息が詰まる。

ほんとですね。ギスギスしてるのツライです。楽しく、面白く、強く、優しい、そんな政治と政治家を待望します。また、そんな政策を押し出して、そんな闘い方ができるように力になりたいです。
プロフィール

ゆりひなな

Author:ゆりひなな
おもしろい記事書くために、おもしろい生活できたらええなぁ。その逆でもええけど。

私のおすすめ記事

●「ご存じ山田寺」みたいな。 ●橋下人形と新自由主義の大実験1~4 ●「百年目」 ●ロスジェネの迷走 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
過去ログ +

2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 01月 【5件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【3件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【7件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【7件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【16件】
2011年 12月 【21件】
2011年 11月 【23件】
2011年 10月 【25件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【30件】
2011年 07月 【20件】
2011年 06月 【17件】

ブックマーカーリスト
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。