スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弁護士の就職難。

法科大学院を卒業して司法試験に合格しても、就職がない人がたくさん出てる。
というても、「エリートの就職難なんて他人事」と思う人も多いかもしれん。
でもね、一事が万事というか、これほど経済界の横暴が透けて見える現象ってないと思う。

「法曹人口を法的需要に対応させる」と、閣議決定されたのが2002年。
2007年から司法試験合格者は2000人を超えた。
で、今年は400人近い人が、弁護士登録をあきらめるかもしれん。

そもそも「法的需要」を言い出したのは経済界。
日経連が2002年に出した「法曹養成制度に関するコメント」を見ればよくわかる。
よーするに、自分らの会社で人材を教育する金を惜しんで、
「社会に出る前に自己責任でスキルを身につけておくよーに!!」という、
経営者側のムシのいい要求を、
政治が実行したのが「司法制度改革」とか呼ばれてたんやね。

これって、橋下新市長と大阪維新の会が出してきた「教育基本条例案」とそっくり。
学校、しかも公教育の現場で、「経済界が求める人材」を育てるっちゅう作戦。
企業は「ありがとさん」で、役に立ちそうな子だけをチョイスして、残りの子はポイ。
あとは「派遣労働」みたいな、これまた日経連が必要としてる「雇用柔軟型グループ」として、
都合よく、使い分け、使い捨てできる人材も手に入るっちゅう寸法なんやね。
落ちこぼれるかどうかは「自己責任」になるし、
エリート意識はあんのに「不況」で就職にあぶれても、経済界が責任とる必要もない。
小泉さんが、経済界のワンコとしてがんばった成果を、
同じ手法の橋下さんが、教育にまで浸透させようとしてる。
司法制度改革、小泉構造改革、教育基本条例案・・・、共通するのは新自由主義。

「即戦力」になるはずやった新人弁護士。
考えてみたら、実際に仕事せんと仕事覚えるのなんか無理やんね?
希望を胸に抱いた若者が、
法科大学院なんて、金のかかる専門学校に、何年も費やして、
社会経験もないまま、結構な年齢になってから放り出されたあげくに、
「あ、ごめんね~、今、不況やから、あんたら雇う金ないのん」って、
経済界にシカトされてる。

新自由主義の、この流れに見えてくるのは、
人間を、とりわけ若い人をバカにして、疲弊させて、
果実がなければ破棄する、経済界の無責任さ。
迷走するロスジェネの一人として、
未来の若者の母親として、
ゆるせんと思う。


↓↓「応援ポチッ」で、ブログ村ランキングが上がると、ブログ認知度がグッと上がります。
  私と同じ気持ちで世論形成に参加していただける方、ぜひポチっとお願いしま~す!
にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

司法制度改革

司法制度改革は「何でそんなこと必要なん?」と思っていたけど。その理由の一端が解ったような気がします。「裁判員制度」はどうなんだろう。

裁判員制度は・・・。

野良さん、こんばんは。
新自由主義の本質が、自己責任化と「公」の責任放棄だとすれば、司法制度改革は、その縮図のような気がします。財界の求めに応じて、本来企業や国がするべき教育を自己責任でするように仕向けたのがロースクール制度。一方で、「市民の司法参加」などと言って、まるで「参加する権利」を得たように錯覚させながら、実は「義務」を課すシステムが裁判員制度だと思います。「小さな政府」には、国民の「義務」を増やす必然性があります。ただし、裁判員制度は、必ずしも財界が望んでいたような行政のスリム化に寄与していないかもしれません。だから、今後、修正されていくかもと思います。
なんか、ここ数日、内容の濃いぃことばっかり考えてて、疲れてしまいました・・・。でも、懲りずに読んでくださいね。
プロフィール

ゆりひなな

Author:ゆりひなな
おもしろい記事書くために、おもしろい生活できたらええなぁ。その逆でもええけど。

私のおすすめ記事

●「ご存じ山田寺」みたいな。 ●橋下人形と新自由主義の大実験1~4 ●「百年目」 ●ロスジェネの迷走 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
過去ログ +

2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 01月 【5件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【3件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【7件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【7件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【16件】
2011年 12月 【21件】
2011年 11月 【23件】
2011年 10月 【25件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【30件】
2011年 07月 【20件】
2011年 06月 【17件】

ブックマーカーリスト
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。