スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋下人形と新自由主義の大実験 その2

「橋下人形と新自由主義の大実験 その1」のつづきです。

「反独裁」を叫ぶ人たちに対して、市民は、むしろこう思うやろう。
「独裁?はぁ~?何言うてんの。
国旗国歌をないがしろにする先生なんかいらんがな。
仕事せーへんくせに、おいしい給料もらってる公務員もいらんがな。
何でもえーから、筋の通った『公共サービス』してよ」と。
そうして、市民と「反独裁」を叫ぶ人たちとの間で、「橋下さん像」が大きく食い違う。
「独裁」という言葉が、事の本質を隠してしまう中で、
「教育基本条例」や「職員基本条例」の本当の目的は進行する。

結果、橋下さんに期待して投票した多くの人が、
「あれ?何かおかしい」と感じた頃には、
誰もが平等に受けられたはずの「公共サービス」は消滅してて、
「地獄の沙汰も金しだい」的な「民間サービス」が取って代わってる。
それは、小泉さんに投票した若者自身が、
構造改革の中で、労働市場の「規制緩和」が進んだ結果、
「派遣労働」からぬけだせなくなったという現象と同じ。
「規制緩和」という言葉は、自由な市場が景気をよくする感じがして魅力的。
でも、その「自由化」は、「完全自己責任化」。

この順番で「大阪都」を見れば、それは「権限の集約」=「独裁」というより、
やっぱし「小さな政府」による「責任放棄」やろうと思う。
「大阪都」やねんから、「大きくなるんちゃうん?」って一瞬思うけど、
「大阪府」と「大阪市」が分散して持ってた大きな権限を1つにしてしまうんやから、
行政機関の小規模化、縮小になる。
1つにまとめた大きな予算を、思いっきし大手ゼネコンに使えるし、
儲からん市民サービスは、「ハイ、自分でやってちょーだいよ」てなことになる。


橋下人形と新自由主義の大実験 その3」につづく・・・。


↓↓「応援ポチッ」で、ブログ村ランキングが上がると、ブログ認知度がグッと上がります。
  私と同じ気持ちで世論形成に参加していただける方、ぜひポチっとお願いしま~す!
にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

つづきが楽しみです。
大なりといえど、地方のいち市長が、首都に乗り込んで、「ためぐち」を叩く、マスコミも注目(いやマスコミが居なければ成り立たないのかこの構図は)。さぞかし、彼に票を投じた大阪の民は胸がスカッとしたことだろうと思いました。中央に対してのコンプレックスがそうさせるのかなー。

スキームは刻々と変われり

>「反独裁」を叫ぶ人たちに対して、市民は、むしろこう思うやろう。
>「独裁?はぁ~?何言うてんの。
橋下市長、初登庁の日の宣伝は、報道で読む限りはそれっぽいですね。今や労働組合は正職員の既得権益擁護勢力と映っていると思います。
W選挙前半は、独裁VS反独裁でしたが、するりと体を交わされ、既成政党VS非既成政党 & 既得権益擁護VS既得権益打破勢力にすりかえられたと感じています。
反独裁で広がった共闘は、既得権益擁護勢力同士の党派を超えた共同だと有権者に映っていたとしたら、既得権益打破には、独裁ぐらいのパワーじゃないと無理だろう。独裁でなぜ悪い!という感情を「反独裁」が掻き立てることになります。

そして、W選挙の審判を受けた後、既成政党は戦々恐々となり、既成政党だけれども既得権は擁護しない改革勢力だとして、橋下にすり寄って売り込みしている局面だと見えます。
これが偽りの対立軸の現到達だと思います。

本質は民自公VSそれを変えられる政治勢力ですが、既得権勢力打破は既成政党には無理!という暗黙の意識が働いている時点では、かつての「建設的野党」は選択肢から外れてしまいます。
まさに財界戦略は巧妙なり――です。

ゆりひななさんのいうとおり、生活に密着した分かりやすいスローガンで、原点に立ち返って運動を再構築する時でしょう。

橋下さんとその支持者は民主主義の職務が解っていない

民主主義政治の職務には、失業率の低下と景気を悪化させないということがあるわけですけども、公務員だろうが民間だろうが給料を削って景気が良くなるなんてありえませんよ。
じゃあ、借金だらけの財政をどうするの?って話ですが、そんなもの民主主義政治の役割である所得の再分配を普通にやればいいだけで。
ようするに、お金を余らせている富裕層への課税強化、GDPを縮小させにくい相続税率アップなどです。
橋下さん自身も含めたお金持ちの資産を護ろうとするから、景気の悪化をともなう財政再建になっちゃうんですよ。
プロフィール

ゆりひなな

Author:ゆりひなな
おもしろい記事書くために、おもしろい生活できたらええなぁ。その逆でもええけど。

私のおすすめ記事

●「ご存じ山田寺」みたいな。 ●橋下人形と新自由主義の大実験1~4 ●「百年目」 ●ロスジェネの迷走 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
過去ログ +

2017年 07月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 01月 【5件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【3件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【7件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【7件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【16件】
2011年 12月 【21件】
2011年 11月 【23件】
2011年 10月 【25件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【30件】
2011年 07月 【20件】
2011年 06月 【17件】

ブックマーカーリスト
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。