スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋下人形と新自由主義の大実験 その4

「橋下人形と新自由主義の大実験 その3」のつづきです。

確かに、新自由主義がめざす「小さな政府」が進むその先には、
セーフティネットから、こぼれ落ちる貧困層が、
モノ言わぬ「派遣労働者」になったり、
恣意的な教育がやりやすくなって、利用しやすい愛国意識が根ざし、
やがては「独裁」に似た扇動型政治、そして戦争という道筋も見える。
新自由主義先進国、アメリカのように。

だけど、それを、もっと前の段階で止めようと思うなら、
「反独裁」を叫んでたらアカン。
人形橋下さんを操る財界の目的は、「独裁」ではないから。
新自由主義の目的は、
「公」の「完全自己責任化」と「責任放棄」。
これを、市民にあばく努力をせなアカンと思う。

しかも、この流れは、橋下さんがはじめる大阪大実験に限ったことではなく、
国政とその背後にある財界が、すでに準備してきたこと。
何も橋下さんの「好み」や「思いつき」の話じゃない。
派遣法改正、郵政民営化、司法制度改革・・・、
そして今、「子ども子育て新システム」を含む「社会保障と税の一体改革」も、
「TPP参加」も、同じ新自由主義のプロセスなんやろう。

大阪を先頭に社会が流されていく方向を、「独裁」という言葉に閉じこめたらやばい。
「独裁」という言葉で、市民との間に溝をつくるのは、相手の思うつぼ。
財界がすすめる新自由主義の利益と、対極にいる者どうしが「分断」されてしまう。
まんまと「分断」作戦にのせられてしまう。
私らは、同じ不利益を被る立場なんやということを、クリアに伝えることこそが大事。

今、すでに、この大阪で大実験がはじまってる。
市民運動は、急いで態勢を整えな間にあわん。
このままでは、市民どうし、つなごうとする手が離れて行ってしまう。
私は、私の立ち位置から見えることを、クリアに説明することで、
多くの人と手をつないで、子どもの未来を守りたい。
でも、それは、私ひとりの力ではどうにもならんから焦ってる。

だから最後に、これを読んだあなたが、私と危機感を共有してくださるなら、
「反独裁」を叫んで、自らその言葉にのまれてしまうのを止めてください。
鮮明な対立軸で橋下さんたちに対抗できるよう、私と一緒に軌道修正してください。
どうか、どうか、お願いします。


「橋下人形と新自由主義の大実験 その1~その4」おわり。
―――連日、お読みいただき、ありがとうございました!
   感想メール・コメントお待ちしています。


↓↓「応援ポチッ」で、ブログ村ランキングが上がると、ブログ認知度がグッと上がります。
  私と同じ気持ちで世論形成に参加していただける方、ぜひポチっとお願いしま~す!
にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[橋下徹][新自由主義]「独裁者」と「新自由主義」は対立概念ではない(「ゆりひなな」さんのコメントへのご返事)

きまぐれな日々 弱者に苛酷な独裁者・橋下徹とゴマを擦る野ダメや小沢一郎 に下記のコメントを頂いた*1。 こんばんは。私は、橋下さんに熱狂する大阪の渦中にいて、日々焦りを感じて

[新自由主義][ハシズム]新自由主義とファシズム

http://d.hatena.ne.jp/sumita-m/20111224/1324692134よりメモ。 新自由主義が一種の〈原理主義〉だとすると、自らを純化しようとするだけでなく、自らの〈原理〉を社会の他のセクター、さらには社会...

コメントの投稿

非公開コメント

橋下さんはヒトラーになれないかも。

マスコミによっては、橋下さんをヒトラーのようだと書かれることがありましたが、僕は全然そんなこと無いと気付きます。
経済というのは、生産と消費と分配が貨幣の循環を促し発展していくものですが、現在の日本における新自由主義派の方々は、民間企業による分配が上手くいってないことに気付いてないか、知らないふりをしています。
貨幣自体が財産ではなく、不動産や乗り物、家事道具や貴金属などが財産なんです。
貨幣の入手手段における労働道徳的な価値観なんて、生産が超過多に陥ってる今の日本では、本当にどうでもいい。
「楽して儲けてる奴がいる」なんて批判は、「生産過多な状況においては一部許される」ということです。
消費する主体への分配を強化しなければ、貨幣が循環しないんです。

誤解を恐れず言えば、一部の公務員は寝てて給料を貰ってもいいんです。

ヒトラーは、富裕層への増税となる政策で、再分配をおこないましたから、現時点での橋下さんはヒトラーですらないわけです。
格差拡大に対するデモがおきるような、民主主義国家らしくないアメリカよりは、経済政策の点においてだけヒトラーのほうが参考になります。

何のことはない

維新の会=和製シカゴボーイズ
ハシズムでも何でもない反革命運動。しかも全国へ波及
あぁ〜日本は今頃自由放任主義へ行くのか。世界に逆行して・・・

堺からのアピール:教育基本条例案を撤回

徳山環さんからのコメントです。

 橋下氏の「独裁」というのは一つのレトリックなのかもしれません。本当は公的部門の行政からの切り離し、切り捨て、放棄なのでしょう。
 市民の権利を守るための行政サービスの決定と実行には「コスト」がかかるのです。お金も時間も。それならいっそのこと「市場」の力を借りて市民の「自己責任」において「コスト」を負担してもらった方が、行政も楽だし、市民も選択の自由がひろがっていいのではないかと。ただしこれは「冷たい」行政であり、痛みを伴います。しかしそれをあえてやるという決意が「独裁」には込め...られているのではないでしょうか。
 「自己責任」にゆだねるというのは、公共性を支える行政の役割が後退することを意味します。これを選挙で許してしまうほど、市民は多様化し、分断と孤立を現実として受け入れざるを得ない状況にすでに追い込まれてしまっているのかもしれません。そこで私たちはいかに市民の共同関係をつくり、そこから出てくる要求を行政に反映させるのかという「新しい公共性」を運動によってつくり出さなければならないのでしょう。「独裁」という言葉に幻惑されずに、「自己責任による分断・孤立」なのか「行政のサポートを受けた協力・共同」なのかを改めて問うことなのかと思われるのですが、いかがでしょうか。

 教職員に対する日の丸・君が代の強制は、「橋下改革」に忠誠を誓うかどうかの「踏み絵」なのでしょうし、朝鮮人差別は市民が分断され孤立させられているということの追認であり反映なのでしょう。分断する必要のないものを分断し、「改革」へと導いていくのが「政治手法」なのでしょう。

No title

 ヒトラーの時代、ドイツは繁栄していたようですね。全くの暗黒時代だった、と思われがちですが。
 一方の大阪は、橋下人気とシャッター通りのコントラストです。

二通りの公民格差

“遊び人”さんへ
ゆりひななさんの上手い指揮棒裁きで、私は勝手に、あなたとかなり響きあっていると思っています。
さて、公民格差には二通りあるように思うんです。
一つは、「遊び人」さんが言わんとするところの、「非正規雇用を正規雇用に!」、「公民ともにワーキングプアをなくせ」という考え方です(反貧困運動?)。
もう一つは、橋下流の公民格差是正論で、民間内部の格差は認めた上で、公務員はなんじゃ!とこき下ろすやり方です。
つまり、競争の結果、格差が出ても、それは才覚の差から生まれたもので、気の毒だが致しかた無い。一方、正規雇用の公務員は、解雇もないし、不安定就労者と比べて、安定した賃金水準が保証されているし、不公平だという考えです。

民間内格差を許さない運動と併せた取り組みが、公民格差解消の運動を生かすことに繋がると思います。
かつて、「地域住民の幸せなくして公務員労働者の幸せはない」という合言葉が、リアルな深みを帯びて去来するのです。

平均組織率が18.4%にまで低下し、1000万人を切った労働組合は、「反独裁」というスローガンに反感を覚えた若者・不安定就労者の心※をつかまなければ浮揚しない岐路に立っています。

※内田樹氏がツイッター(evinassien)に書き込まれたコメント〔選挙についてのコメントについて、批判的~罵倒的なツイートがふだんよりおおめにありました。特徴的なのは「お前のような『持てるもの』に貧困層の若者の気持ちがわかってたまるか」と〕

No title

朝鮮中央テレビと同様にマスコミもネットも“橋下ジョンイル”・マンセー報道、記事しか流さない。コイズミの時と全く同じですね。

No title

連投失礼します。
世代や性別で差別するつもりはありませんが、世の中の動向で広がりが早くて影響力があるのは間違いなく女性だと思います。男はかなり女に影響されますし、基本的には(あくまで・・)女にホイホイ付いていく生き物だと思います。なので、女性がしっかりとマスコミのクリーンや爽やかだと思わせる誘導に流されずに橋下の危険性をしっかり認識していただければひどい世の中にはならないはずです。
先の大戦やコイズミ政権の時のような二の舞は避けたいものです。

No title

こんにちは、橋下市長の後ろには関西財界が背後霊のようにくっついています。市民に痛みを押し付け、財界いいなりの市政をつくろうとしています。大阪の人たちには、早く正体を見破ってほしいと思います。
 ゆりひななさん、大阪民報に載っていましたね。大阪民報を読んで愛すべき故郷大阪のことを日々心配しています。

地域主権改革と「財界からの使者」

現代日本では、憲法(特に25条)があるから、新自由主義がその解体を意図するといっても、容易には実現しない。とりわけ、生存権に対する国家のナショナルミニマム保障責任は、新自由主義の前に大きく立ちふさがる壁となる。この難攻不落の壁を正面から突破できないとすれば、新自由主義のとる策は、生存権保障の公的責任を国から地方に移すこと、すなわち分権化によってナショナルミニマム保障を形骸化するとこに向けられる。これが、「福祉国家的諸制度の分権的解体」の意味である。
以上は、自公政権時代の「地方分権改革」を民主党が「地域主権改革」と名を変えて受け継いだことの特徴付けによせて、二宮厚美神戸大学教授が「『誰でも安心できる医療保障へ~皆保険50年目の岐路~』(序章)で展開した件です。

財界(多国籍企業)が地方からの突破を戦略的に位置づけたと捉えると、地方で起こり始めたおかしな現象がすっきり説明できます。
まず、小泉劇場が幕を閉じた年の暮れ、2006年12月15日に地方分権改革推進法が成立してスターを切ります。推進役・体現者として、最初に登場したのが「そのまんま東」です(2007年1月知事就任)。自民党のマニフェストに、全国知事会がまとめた「地方分権に関する方針」を盛り込めば総選挙に出馬すると古賀幹事長に迫ったのは記憶に新しいところです。その他、河村かたし、中田宏という面々も、部分的に一役買ったのではないでしょうか(減税による地域改革、保育民営化など)。
そして、いま一番売れていて、使える役者として重宝にされているのが“橋下徹”というわけです。「大阪で試してから全国へ」というよりも、大阪のインパクトを利用して全国各地で促進できるように、関連法規を国会で検討せよというメッセージです。橋下は「財界からの使者」として永田町を巡ったことになります。財界が地域主権を戦略的に位置づけているのなら、橋下がだめでも、次の代わりを探すでしょう。

しかし、そうであるなら、財界が一番恐れているのは、今なお国民の意識に根強い護憲の心(「9条の会」など)でしょう。であれば、「憲法を暮らしに生かそう!」のアレンジが対抗スローガンのヒントかも知れません。
これは、かつて憲法知事が掲げたスローガンじゃないですか。先人は、決して「反公害」だなんて野暮ったいスローガンは掲げなかったですよね。(長文失礼しました。お許しください。)

No title

>puyonyanさん
>ヒトラーの時代、ドイツは繁栄していたようですね。

メフォ手形のような誤魔化しがあったものの、配当制限法という再分配政策は、今の先進国が一斉の取り入れたほうがいいですね。
ただし、それのは独裁者と言われるくらいの支持を得る政治家でないと、反発が強すぎて無理でしょうけど。

現在の日本における新自由主義者の言い分って、「だって税金払いたくねーもん、皆もそうだよね?」ってことでしかないんじゃないかと気づきます。
経済が衰退しないためには、生産、消費、分配のサイクルが順調に循環する必要がありますが、どれもが貨幣を手放すことなんですよ。
政治の介入無しで、市場に任せることで、貨幣の手放しが活発化するならいいんですが、納税という貨幣の手放しを嫌がってる人らが先導して、上手くいくのかどうか疑問ですね。
国民の多くが貨幣を手放しまくってるうちに、いろんなサービスを享受し、生産物という財産が皆の手元に溜まっていく、それが市場に任せるだけで達成できるならば、確かに小さな政府でもいいんでしょうけど。

ブログ主さんおおっしゃるような、民間への委託が目的なだけであれば、ガッカリですわ。

新自由主義国家はいやや!

私達の生きるこの社会を、子ども達のこどもらしさが大切にされ、働くものはたらきがいが尊重され、社会的弱者が堂々と生きられるそんな愛のある平和な社会にしたい。2児の母としてはなんとしてもの思いです。
資本主義社会に必ずおこる不況のスパイラルの中から生まれた「新自由主義」の考え方。「あとは野となれ山となれ」ということで金に目がくらんで大切なものを見失ったと思われる人達がすすめていると感じます。
日本の市民は、そんなすさんだ社会になってほしくないと考える人が多数派だろうと思います。しかし、権力者はあらゆる手段で進行していることを見えにくくし、市民をだまし扇動して票を得ている。
それならば運動は、「反新自由主義」などというスローガンで打ち出し、対抗軸を鮮明にするべきではないかと思います。そして同じ思いの人が自然に手をつなげるようなわかりやすいものにするべきでは。今は市民どうしが分断されないように作戦をたてることが最も急がれると思います。橋下さんを支持した母もしなかった母も、実際はそんなに立場も考えもかけはなれているわけではないのです。労働者の立場にたつ政党には軌道修正を検討してほしいと本当に望みます。
それと、大阪は財界の特殊性、橋下さんという人の特殊性のために、「反独裁」と「反自由主義」二つの事柄が混ざっていてややこしいのかな??どうなのでしょうか?でも、真の多数派である労働者の団結のためには「反新自由主義」を前面におくべきだと思うのです。
みんなで議論しましょう。力を合わせましょう。

はじめまして。
kojitakenさんのブログを読んでここに来ました。

橋下さんを褒め讃える著名人は多いですね。
大阪だけでなく、全国的に人気がある(ようにみえる) みたいですし。
しかしながら、彼を褒めている他県の人から、
「橋下さんにわがまちの市長になってほしい」
「彼をぜひウチの県知事に」という言葉を聞いたことがありません(私が知らないだけかもしれませんが)。
これは一体どういうことでしょうかね。。。

知事時代に彼のしたことを、他所が積極的に取り入れた例ってほとんどないと思います。
うろ覚えですが、京都府が私学無償化で大阪府と連携するる予定とかいう話くらいでしょうか。

どこも真似しないような変な政策を続けていたら、結局大阪が一人負けするんじゃないかと。
難しい話は抜きにして、私が一番心配してるのはコレです。
いかがでしょうか?

大阪は始まりだと思います。

元大阪府民からの伝言さん、はじめまして。
私は、新自由主義を資本主義経済の必然と見ています。市場原理はもともと社会の規制なしに民主主義と相容れないし、新自由主義はいよいよ枯渇した資本が社会そのものを食いつぶそうとする動きだと考えています。そうした流れの中では「人」はコマに過ぎないという意味で、橋下さんを「人形」に例えました。だから、橋下さんの表面的な個性は、万人にウケないかもしれませんが、流れは形を変えて全国に広がっていくだろうと思います。大阪には大阪の特殊事情もいろいろありますが、方向性は全国的なものです。このままでは、貧困層はより分厚くなるでしょう。大阪の一人負けというより、切り捨てられる層が折り重なるイメージです。そうさせないために、大阪で流れを止めないと・・・と思っています。
どうぞこれからも大阪のために一緒に知恵をしぼってください。よろしくお願いします。

言い忘れました 

当ゆりひななさんのブログでは、そのような陰謀説めいた安っぽい事をすべきでないと思います。(ここは若者向けではない。ママさんのブログですから)

はじめまして

はじめまして。
こちらの記事がとても参考になりました。
うちのブログでも紹介させていただきました。事後のお願いですが、お許しいただければ幸いです。
これからも引き続き読ませていただきます。
一つごあいさつ代わりにほかの記事にトラックバックを送らせていただきます。ご笑覧いただければ幸いです。

良かった

プログを読ませていただいて、自分の中にある違和感が何であるかわかりました。

それともう一つ、同じ考えの人がいる事に安心しました。

市民として、自分に何ができるかを考えて行動していきたいです。



がんばりましょね~!

オジンガーZさん、こんばんは。読んで良かったと言って下さるとうれしいです。それに、私も安心しました。橋下さんが仕掛けてくる目くらましの罠にひっかからないよう、一枚上手(いちまいうわて)の闘い方をせなあきませんよね。チカラをあわせましょう!

独裁について

 神奈川在住なので、大阪の様子が具体的には分からないので大変勉強になりました。橋下らがどういう方向を目指しているかよく分かりました。
 「独裁」については、たしかに、目指しているのがいわゆる「独裁政治」体制というものではなさそうだという意味で、「独裁」のみにとらわれてはならず、むしろ市場原理主義といった用語の方が適切なのかもしれません。
 お書きになっている通り、
「人形橋下さんを操る財界の目的は、「独裁」ではないから。新自由主義の目的は、「公」の「完全自己責任化」と「責任放棄」」
という方向なのだろうと私も思います。
 ですが、そこに至る政治手法として行っているのが独裁的なやり方であり、「独裁」という果断なイメージを示すことで人々(特に民間)の広範な支持を得て、それをバックに新自由主義的な社会を推進しているということではないでしょうか。
 つまり、「独裁」は目的に至るための手法だと思います。手法でしかないから、最終目的と混同しないようにしなければなりませんが、独裁的、強権的な手法をとり、支持を得なければ最終目的にたどりつけないという意味で、「独裁」というキーワードを念頭に置くことは、やはり大事なのではないでしょうか。
プロフィール

ゆりひなな

Author:ゆりひなな
おもしろい記事書くために、おもしろい生活できたらええなぁ。その逆でもええけど。

私のおすすめ記事

●「ご存じ山田寺」みたいな。 ●橋下人形と新自由主義の大実験1~4 ●「百年目」 ●ロスジェネの迷走 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
過去ログ +

2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 01月 【5件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【3件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【7件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【7件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【16件】
2011年 12月 【21件】
2011年 11月 【23件】
2011年 10月 【25件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【30件】
2011年 07月 【20件】
2011年 06月 【17件】

ブックマーカーリスト
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。