スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己責任なんて言わせない。

あけましておめでとうございます。
というのも何か、はばかられる2012年。

寒い寒い仮設住宅で、身をちぢめて年を越した人もいる。
放射能に脅かされながら迎える正月もある。
今年の作付けや種まきのこと、補償のこと、
抱えきれない難題を背負わされた誠実な生産者がいる。
ラインの部品みたいな派遣労働、強制連行さながらの原発労働・・・、
それぞれの現場で、ぽつんぽつんと迎える正月もあるかもしれん。

以前、「年越し派遣村」に税金で支援がついた後、
たくさん非難があびせられた。
わずかな金をもらってトンズラする奴がいる!とか。
自己責任で食いあぐねてる奴に税金使うなんて!という非難。
政策として有効やったかどうかは別として、了見の狭い意見の多さが気になった。
こうなると、ほんまに弱肉弱食。

正社員が派遣社員の権利拡大を拒み、
派遣社員が生活保護受給者を妬んで、
「みんな自分の力で必死にがんばってるのに」と小さな火がつく。
それに油をそそぐのが為政者がふりまく「自己責任論」。
同じ生活者どうしを分断するのは、政治の役割をぼかすため。

そんな罠にはまってたらアカン。
とりわけ、誰が若者から正社員の口を奪ったのか。
「若いやつは努力が足りん」なんて、
無知と無理解で突きはなして、個人の問題に矮小化してたらアカン。
政治の責任をガッツリ指摘せなアカン。
今、生活の苦しいさなかにいる人自身に、
「闘え!声をあげろ!」というのではなく、
声をあげられる場所にいる人から、政治の責任を問わなアカン。
声あげるのって結構しんどいねんけどさ・・・。
子どもの未来につながる社会やもん。
ママは今年もがんばるよ~。


↓↓↓今年最初の「応援ポチッと」よろしくお願いしま~す。
にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ババ抜きゲーム敗者の自己責任、もしくは奨学金返済の延滞と就活くたばれデモ

  日本での奨学金は国家による学生相手の貧困ビジネスだと指摘する記事を過去にいくつも書いてきました。最近のものを一つだけあげると、たとえば、これです。 ■借金させてい

コメントの投稿

非公開コメント

あけましておめでとうございます。

ゆりひななさん、あけましておめでとうございます。
今年もいろいろ教えてくださいまし。

年末年始は、悲観的になってすみません。青年海外協力隊から帰国してから、ずっと10年以上精神疾患なのです。今回も、あと2週間くらい安静にしていろと言われ、ライブにも行けません。(涙)

私も健康だったら、もっと労働運動も、平和運動もやりたいし、反原発活動もしたいのですが、調子のいい時に、全労連系の労働組合に、イベントのボランティアとか、参加させてもらっているのが限界です。

実は、デモが楽しかったりするときもあります。プラカード作ったり、シュプレヒコールやったり、歩くって体にいいし、そういう仲間がいるだけでも、恵まれている方かも知れません。市民運動は、完全にボランティアなので、仲間と楽しみながら、かつ社会に働きかけることが出来れば、しんどさがとれるかも知れませんネ。

横浜市も、前・市長の中田宏により、新自由主義の実験場にされ、開港150年祭りの赤字が見えて、スキャンダルにもまみれて、市民もそろそろ「アイツはおかしいぞ」と思い始めた頃、「国民運動をやるので辞職する」と言って市長を辞任し、大阪に行ったらしいというウワサを、その頃、聞きました。おそらく、彼のイメージは、自民・公明もダメ、民主党もダメ、その時が自分の出番だと、潜んでいるのだと思いました。

案の定、橋下市長は、副市長に中田宏に選ぼうとしましたが、議会の承認が得られそうもないので、区役所改革担当というポジションに置き、彼と大阪都構想を練っているようですね。テレビで橋下氏が出ているとき、中田宏が同行しているので、中田氏が橋下氏に、いろいろ入れ知恵をしているのがよく分かります。

中田氏はたたけばホコリが出てくる奴なので、今、議会にかけて、いろいろなスキャンダルが出てくるより、次の大阪市議員選挙で、大阪維新派が多数を占めれば、副市長に承認されるというシナリオが見えますので、中田宏の動きには注意してくださいまし。

最近、橋下市が労働組合つぶしにかかり、労組が人事に介入したとか、選挙で現職市長を支持したとか言ってますね。事実上、労組に人事権はありませんが、育児中の人、通院中の人、家族の介護が必要な人、それぞれ事情があったり、職員の意向を聴いて人事異動をちゃんとルール化してくださいと当局に要請しているだけで、誰かを特別優遇させるとか不当な要求をしているわけではありません。

私の親友が、横浜市従業員労働組合の書記長でして、私が彼に「毎年、人員削減されるし、橋下市長を見ていると、自分みたいに持病持ちの職員がいつ首を切られるか分からない」と不安を言うと、「ここは横浜市だし、大阪市じゃないんだから大丈夫だよ。そのためにオレ達がいるんじゃん。もし橋下みたいのが市長になったら、最初に首を切られるのはオレだから大丈夫」と言われ、「橋下氏のような動きが、他の政令指定都市にも来るか不安だ」と打ち明けたら、「そのためにオレたち闘っているんじゃん」という言葉を聞いて安心しました。

中田市長に憧れて入庁した若手職員が全然、労働組合に入らなくて困っています。「数は力」ですから、まず、一緒に運動する仲間の輪を広げなくちゃ、ですネ。

数字にできないのが生活です。

hideさん、こちらこそ今年もよろしくお願いします!
精神疾患は、治療の成果が数値でなかなか表せない病気ですよね。香山リカさんが、「日本がTPPに参加したら、精神科などは特に、アメリカのように、保険会社が求める数字優先の治療計画ありきの治療になって、患者のための治療ができなくなる」と危惧しておられました。新自由主義が席巻する社会では、数字こそがすべてになってしまいます。そんなのは、絶対ダメです。私は、弱者救済とかエラそうに思ってるんじゃなく、ただ、いろんな人の生活が存在できる社会が健全な社会だと思うんです。人のつながりは、表面に見えているものだけではありません。すぐに成果を出す事象だけが、人を豊かにするのではありません。
だから私は、橋下さんや中田さんの貧しい発想がすごくキライです。それを押しつけられるのは絶対イヤです。そして、そう思ってる人は他にも結構いるはずです。みんなと手をつないで大阪でがんばりますネ。
プロフィール

ゆりひなな

Author:ゆりひなな
おもしろい記事書くために、おもしろい生活できたらええなぁ。その逆でもええけど。

私のおすすめ記事

●「ご存じ山田寺」みたいな。 ●橋下人形と新自由主義の大実験1~4 ●「百年目」 ●ロスジェネの迷走 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
過去ログ +

2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 01月 【5件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【3件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【7件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【7件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【16件】
2011年 12月 【21件】
2011年 11月 【23件】
2011年 10月 【25件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【30件】
2011年 07月 【20件】
2011年 06月 【17件】

ブックマーカーリスト
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。