スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・橋下さんが「保育ママ」押し。

橋下さんが「保育ママ」押し、って前に書いた。
大阪の保育所は、基本的に民営化していき、
保育士資格とかなくても「やる気」のある子育て終了世代に「保育ママ」をやってもらう。
そーすれば、待機児童は減るし、中高年の仕事は増えるし。
というのが橋下さん&維新の会の主張。

その後、「子どもと保育ママ2人っきりとか怖いんちゃうん?」などの批判が出て、
「保育ママは2人体制にする」とか言い出してる。
えーっと、私としては、素人のおばちゃんが1人でも2人でも、
「保育ママ」に預けるより、保育所に預けたいんですけど・・・。

知事時代から、橋下さんが主張してきた「保育所待機児童バウチャー制度」は、
なんと民主党の「子ども・子育て新システム」とそっくり。
つまり、親と保育ママあるいは施設の直接契約が基本になる。
金券配られて、後は自分でお金プラスできる人はええとこ選ぶし、
プラスでけへん人は、そこそこで我慢するしかない。
受け入れ側も商売やから(保育ママにしても各種保育施設にしても)、
お金、とりっぱぐれたくないし、「客」の質は選ぶことになるやろう。


保護者は保育サービスを自由に選択でき、“子どもを保育施設等に預かってもらえる”“働くことが可能になる”、加えて「保育ママ制度の充実」により、子どもを預かる側は“収入が確保できる”という一石三鳥のメリットが生まれます。菅総理(当時)が新成長戦略で描かれている「第三の道」、いわばソーシャルビジネスの創出にもつながると考えています。
(2010年7月大阪府広報)


これって、要するに「公」の責任放棄であり、完全自己責任化への道。
それを、体よく「自由な選択」と名付けてるだけやんね。
保育がビジネスで何が悪いねん。と居直られても困る。
教育も保育も、社会の成り立ちを支える根っこの仕事やん。
お金があってもなくても、誰にとっても「必要性」に変わりはない。
だからこそ、「公」が責任を持ってきたことやのに。
民間は「公」よりサービスがええんやから、民営化した方がいいって?
認可保育所に入れる人と、入れない人の間で不公平感が生まれてるって?
はぁ~?これ、得意の論理のすり替えと分断作戦。
サービスが悪いなら、「公」がサービス向上させればいい。
必要とする人の数だけ認可保育所をきちんとつくればいい。

ええようにデコらんと、本音を言うてほしいな~。
そんなとこに、お金使いたくないねん。
サービスは全部、市民が自分で買って、自分で責任とったらええねん。って。
「選択の自由」は「自己責任」とセット。
ありがたくなんかないよ。


↓↓「応援ポチッ」で、ブログ村ランキングが上がると、ブログ認知度がグッと上がります。
  私と同じ気持ちで世論形成に参加していただける方、ぜひポチっとお願いしま~す!
にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お政府様、「子どもは社会で育てる」んじゃなかったんですか?(追記あり)

といっても今回は子ども手当のことではなく、政府が打ち出している「子ども・子育て新システム」についてです。 川口創弁護士が法学館憲法研究所の「今週の一言」とマガジン9に寄

橋下政治についてのブログ記事をメモ

   大阪の橋下政治について、メモも兼ねて、注目する記事をいくつか拾いました。これからもいろいろな興味深い記事を見つけ次第、不定期に続けていきます。なお、うちの関連記

子どもが泣く街、大阪(2)~未就学の幼児、赤ちゃんの場合

民主党の「子ども子育て新システム」が、子どもの保育環境を破壊するとんでもないものであることを以前こちらでメモしました。 ●お政府様、「子どもは社会で育てる」んじゃなかっ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おっしゃるとおり。じす いず ”ふぁっきん” 新自由主義。
ハシモトの眼中に市民は無い。あるのは騙されやすい投票ロボットのみ

保育ママをやりたい人ってそんなに多くない気がするんですが、現状はどうなんでしょうか。
いくら子育ての経験があったにせよ、他人様の子どもを預かること自体が精神的プレッシャーになると思うからです。
子どもがケガをしないだろうか、急に熱をだしたりしたらどうしよう、などなど。
いくら二人制にしたって、預かる側も心細いと思うのですが。
募集枠を大幅に広げて大々的に宣伝すると、最初はそれなりに希望者が増えるかもしれません。
しかし、一回やってみてあまりの大変さにリタイヤする人が続出し、いずれ供給不足になるんじゃないでしょうか。
登録者だけ増えて実際にほとんど稼働していない、という形で。
中高年の雇用対策としても有効なものとはなりづらいと思います。

保育士の資格を持たない人が子どもに関わる仕事をしたいとしても、何も保育ママにこだわる必要もないでしょう。
幼児教室、学習塾、スポーツグラブなどなど、最近は色々ありますからね。
自宅で子どもを預かるよりは、子どもが通う施設で働く。そのほうが、働く側も安心感があるでしょう。

No title

> 保育所に預けたいんですけど・・・。

これは根源的には『保育所の数が足りないけど、どうしようか』という話ですよね・・・
なのに何故『保育所に預ける』という話が出てくるんですか?

> 自分でお金プラスできる人はええとこ選ぶし、
> プラスでけへん人は、そこそこで我慢するしかない。

これは橋下さん関係なく、今でもそうですよ。
金ある子供はいい幼稚園+ピアノレッスン+くもん+そろばん+・・・

> だからこそ、「公」が責任を持ってきたことやのに。

今は待機児童多すぎ。ぜんぜん「公」の責任を果たせていない。
この現状をどう良くしていこうか。という話。

> 必要とする人の数だけ認可保育所をきちんとつくればいい。

具体的にどうやって?
そこが肝心なんだから、そこを調べないと。

No title

責任責任言ってますが

> > 必要とする人の数だけ認可保育所をきちんとつくればいい。
>
> 具体的にどうやって?
> そこが肝心なんだから、そこを調べないと。

このあたりをきちんと調べて発言するのが、あなたの責任。

うぅん?

直前2つのコメントは同じ方からなんですが、ちょっと意味がわからないです。行政の「責任」については、児童福祉法を参照いただければと思います。また、この記事は、前回「橋下さんが『保育ママ』押し」の続きですので、そちらもコメント欄とともにお読みいただければと思います。全くの匿名の方(HNもないですし)から、発言する責任についておっしゃられても、いまいちピンときません。
プロフィール

ゆりひなな

Author:ゆりひなな
おもしろい記事書くために、おもしろい生活できたらええなぁ。その逆でもええけど。

私のおすすめ記事

●「ご存じ山田寺」みたいな。 ●橋下人形と新自由主義の大実験1~4 ●「百年目」 ●ロスジェネの迷走 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
過去ログ +

2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 01月 【5件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【3件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【7件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【7件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【16件】
2011年 12月 【21件】
2011年 11月 【23件】
2011年 10月 【25件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【30件】
2011年 07月 【20件】
2011年 06月 【17件】

ブックマーカーリスト
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。