スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DV被害にあったような気分です。

橋下さんがMBS記者を罵倒してる映像。
⇒「5月8日登庁時市長囲み取材
⇒ 産経ニュース J-CASTニュース

これ、橋下さんが、自ら誇らしげに何度もツイートに添付してるのん。
オレ様に噛みついてきた身の程知らずの記者をフルボッコ、みたいな。
橋下さん支持者は、一緒になって「バカ記者」なんて、ツイートでいじめに参戦してる。

でもね、彼は、市民の空気を読み違えてると思うよ。
私は、この映像、全部見た後、ものすごくしんどくなった。
まったく、質問に答えず、論点をずらし続けて、一記者を恫喝してるの。
まるで、自分がDV被害にあったみたいな感じ。
世の中は、競争大好き、勝ち負け大好きなマッチョ人間だけで構成されてるんじゃないよ。
私と同じように、この映像で、
自分が傷つけられたかのように、しんどくなる人はたくさんいるはず。
それは、決して少数ではないと思う。

この映像は、橋下さんにとって、もろ刃の剣になる。
一記者に権力を振りかざす姿を、拍手して見ていられる市民こそ少数。
大阪市民は、きっとその手の威圧を好まない。
これは、その威圧が、やがて自分に向かってくることを、市民に自覚させる映像になるやろう。


↓↓↓応援ポチッとお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

詭弁術講座

第一回詭弁術講座のお時間がやって参りました。 本日は「図説・心理戦で絶対に負けない交渉術」を出版された詭弁術の退化いや、大家であられる現役の大阪市長、橋下徹先生からサ

MBS記者の取材に対する橋下氏のキレ方は常軌を逸しています

もしブクマされる方がいらっしゃいましたら「これはひどい」タグをお勧めします。 【激動!橋下維新】橋下氏、記者にブチ切れ 国歌起立斉唱条例めぐり「何も分かってない」 - MSN

[民主主義]橋下徹は、MBS女性記者に公式に謝罪するべきだ

5月8日の橋下徹大阪市長の囲み記者会見の場において、MBS(毎日放送)の女性記者が発した君が代の起立斉唱命令と口元チェックに関わる質問に橋下が逆質問で応酬し、しまいには命令...

[民主主義]MBS女性記者は橋下徹に対して至極真っ当な仕事をした

5月16日のエントリー『橋下徹は、MBS女性記者に公式に謝罪するべきだ』http://d.hatena.ne.jp/furisky/20120516のコメント欄で頂いたご意見に対する私の返答を書いているうちに長文になり、ま

橋下徹のツイッターに見る憎悪発散国日本 日本人の人間性を破壊する攻撃力

   橋下徹ツイッターについての毎日新聞の記事を紹介してみましょう。 『橋下政治を「ある程度」評価することでハシズムの猛毒の伝染に手を貸す毎日新聞』という記事で批判的

暴力的精神は伝播する、橋下徹・大阪市長から追従者・支持者へと。

   『橋下徹のツイッターに見る憎悪発散国日本 日本人の人間性を破壊する攻撃力』の記事にも書きましたが、暴力的精神は「伝播」します。 あるいは、暴力的精神を持った人々

コメントの投稿

非公開コメント

No title

同感です。しんどくてたまらないです。橋本さんのいう国家って何?くにとは人権を持った人間の集まりで、それでいていろんな生き物など自然の集まり。
いやはや、国家がある前に地球があるわけで、私の考えではへんなしがらみで国家があるとしか思えない。勉強不足だ!といわれようがそうだと思う。
学校の先生は、公務員であるけどその前に人権をもった国民でないの?
何でそんなに絶叫して人のこと罵倒するの?アカンで。
もう、みんなでしんどいねんって言いたい。
これ、一人でだまって見てがまんしてたらストレスたまってアカンと思いました。

No title

はじめまして。ツイッターから飛んできました。無礼なことを申しますが、予めご了承ください。

橋下氏とDVを繋げておられましたが、それ自体被害妄想だと思います。相手記者が男だったらいいんですか?
 女性記者の質問の仕方から、橋下氏が応じ方を変えた事を看過しておられます。視聴率のためにイデオロギー対立の構図にもっていきたい女性記者に対して、都合良く応じた橋下氏にしか見えません。まあ、それも見方によるのでしょうが、記者会見は仲良しクラブじゃないですよ。

ブログ主さんが橋下氏のことを嫌いだということはとても理解できますが、あまり説得的には見えません。「一記者に権力を振りかざす姿を、拍手して見ていられる市民こそ少数。」ということもアナタの価値です。
論理とデータで語りましょう。大人なんだから。

No title

とおりすがりさん

私もこの映像見て、すごく気分が悪くなった者のひとりです。
見てるだけで辛くて、泣いてしまった人もおられます。
何も感じない人、ハシモト氏に拍手喝采する人も中にはおられるでしょうが、
たくさんの人がしんどく不快に感じたのも事実です。
自分と感じ方が違うからと「被害妄想」と断じる。
そういう人を大人とは呼びません。

No title

全く気分の悪くなる映像でした。
なので主様の感想は多くの人が共感するものと感じました。
これを「被害妄想」と簡単に片付けることができる人は、普段から他人に対する思いやりが少し足りない人だと思います。
また、個人の思いや考えはいつも論理やデータで語らなければならないものではないと思います。

No title

一昨日の事だ。三重の方に用事があって、行きは名古屋経由で行ったけど、帰りは、大阪経由で帰ってみた。一人旅なので景色を見るか、聞き耳を立てるかしかないけれど。大阪教育大前で乗り込んできた学生の会話に、「口元チェック」の話題があった。「三秒間」とかなんとか。面白いのは「音楽教育でも口元チェック」は必要かどうかの話だった。強権的強制はこんな子供にもおかしなマニュアルを思いつかせる。それ以外は寡聞にして橋下ロジック、橋下マネージメントの事を聞くことはなかった。サラリーマンも小商いも、公務員でさえ今日、食べることに忙しいのだろう。と地下鉄の中で考えた。それにしても、都会暮らしの人々は何故、こんな横車押しのような人物を好むのか、東のイシハラしかり、西のハシモトしかり。と新幹線の車窓を眺めながら考えた事だった。ブログ楽しみに読んでいます。 

No title

はじめまして、大学生をしておりますぴーなと申します。
某動画サイトで会見の様子を見ました。
私は残念ながら大阪市民ではないですし、橋下氏を特別支持しているわけでもありません。
しかし、今回の会見については主さんの仰っている事に疑問を持ちます。

>まったく、質問に答えず、論点をずらし続けて、一記者を恫喝してるの。

果たして、質問に答えず論点をずらしていたのはどちらでしょうか?
「勉強不足」と会見中橋下氏が発言しましたが、その通りだと思います。
限られた時間の中で他の記者さん方も待機しておられるのに。
記者として仕事をする以上、求められる「当たり前なこと」をしていなかったから批判されているんですよね?
ロクに返答もしないどこぞの政治家さんよりその点は橋下氏は立派だと私は評価します。

主さんが女性記者に感情移入するのもわかりますが
政治や議論は感情では動かないものではないですか?

橋下さんが旦那さんでもないのに、DV被害にあったような感じだなんて
端から見たら主さんが言葉の暴力をしているようにも見えてしまいます。

電車でセクハラをしている男性を見て、自分の事のように腹が立った
これは誰もが思うことでしょう。なぜならセクハラは悪だから。
橋下さんは悪ですか?
あそこまで荒唐無稽な質問を続けられたら答える側も相当な負担であることをまず理解するべきなのではないでしょうか?


それから映像を見て不快に思ったと仰っている方がいらっしゃいますが、記者会見は視聴者を満足させるためのものですか?
あの場の全員は娯楽でやっているのではないのですよ?
視聴者に配慮して口を閉ざすようになったり、思っていることを言わなかったり、なんてことになると議論や会見の意味や意義がなくなりませんか?


いや、私も聞いててしんどかったですよ

私は聞いててしんどかったですし、傷ついた感がありましたね。

仮に(あくまで仮に)質問が荒唐無稽と仮定して、あの逆質問で応酬するやり方は、
あまりに感情的すぎるし、一方的なので応酬というよりは攻撃、
攻撃というよりは罵倒に感じました。
自信があるなら、冷静に答えれるハズだし、答えないということは、
痛いとこ突かれたのか?とも思いましたね

私は一視聴者として、質問の答えを聞きたかったですしね

以前民主党の前原氏が、特定のメディアの質問には答えたくないと言った時に
橋下氏は確か、それはいけない僕なら正々堂々と論議して戦う(うろ覚えすいません)
ようなことを言っていたのに、それがこれか?とも思いましたね。

それにTVであんな個人攻撃にも似たことをされたら、
これから記者が質問しづらくなりますね

私もしんどかったです

びーなさんへ
 結局彼は,記者さんが彼の逆質問に答えた後も,自分は最後まで彼女の質問には答えなかったんですよ。
それってフェアじゃないと思いますけど。
 かめさんのおっしゃるように,痛いところをつく(答えたくない)質問だったから,
主さんの言われるように『論点をずらしたまま』,故意に最後まで答えなかったんだと思います。
 びーなさんは,記者さんの聞きたかった質問がどんなだったかも覚えておられないようにコメントからは思われますが(→違っていたらごめんなさいね),それこそ,彼の術にハマっておられると思います。
荒唐無稽に聞こえたのは,彼が論点をずらした「躓かせるための質問」に対応する記者さんの質問の方であり,
彼は,彼女のだいじな質問に対しては,すべて最後までスルーだったのです。
記者さんには,視聴者の聞きたいことを代わりに質問してくれる役割もあるので,彼女が自分の質問に答えた後,
やっぱり次は,彼が彼女の質問に真摯に答える番だったんですよ。
繰り返しますが,記者さんも,彼の逆質問にまず答えたんですからね。
「対等」と自分の方から言っておきながら,終わってみたら,相手にゼンゼン対等に対させなかった。
彼女の質問に対する市長の答(=考え),私もかめさんと同じく,とてもききたかったんですケド。
 びーなさんが言われるように,彼が『視聴者に配慮して口を閉ざす』必要はありません
(→でも心配しなくても彼はそんなこと絶対しませんって笑)。
でもあんなふうに恫喝・攻撃・罵倒されたら,誰だって(他の記者も皆),今後怖くて彼に質問できなくなるのでは?
既に校長先生方も,彼が関わる事項に関する質問には,率直に答えることが簡単にはできなくなって来ているような気が…(率直に答えることを校長がためらわれているのではないかというか…→アンケート回収率)。
中原校長の和泉高でも,職員室は「誰にきかれているかわからない」と教師間で疑心暗鬼の雰囲気があるらしい
し…(4/4朝日)。
こうして,徐々に言論(の自由)が統制されていく危険を感じます。

No title

お二方どうもありがとうございます。

お二人が仰っている橋下氏が「答えなかった」質問ですが
会見中も橋下氏が述べているように、記者が会見するにあたり
その質問が勉強や取材をしていれば聞かずとも分かる内容であり、かつ
ご指摘のある逆質問ですが、記者の方の回答は的外れなものでした。
明らかに勉強不足であると私ですら思います。

>荒唐無稽に聞こえたのは,彼が論点をずらした「躓かせるための質問」に対応する記者さんの質問の方であり,

痛いところを突かれたから答えなかったとお考えになっているようですが、会見を見る限り記者の質問の答えは橋下氏の逆質問に答えられればそれが答えになるというものでした。
更に言えば論点をずらしているのは記者の方ではないかと思います。



橋下氏の答え、考えを聞きたかったとありますが
それについては「教育委員会の命令については私が答えることではありません、私の職務権限外です」とはっきりと述べています。
それ以上の橋下氏個人の見解をお聞きになりたかった ということでしょうか?
それこそマスコミが揚げ足を取ったような報道をするから橋下氏は警戒しているんだと思います。特に今回のように事実確認をしていない取材に関しては。


記者さんが橋下氏の逆質問に答えたんだから彼も答えるべきだとの意見がありますが、彼が怒りを向けているのは
記者が取材したと断言したのに、取材をしていれば分かる事に答えられなかった事に対してですよね?

事実確認をしていない取材については一切答えないと冒頭で発言しているのに、的外れな回答を「答え」として認めていいのでしょうか?
曖昧な答えを出せば事実確認をしてきた事になりますか?
答えられない→事実確認をしていない→答えない
当たり前の事です。
会見中記者が質問に答えた箇所がありますでしょうか?
「そんなことは市長ご存じですよね?」「私が答える必要あるんですか?」
到底質問に答えたとは思えません。

>びーなさんは,記者さんの聞きたかった質問がどんなだったかも覚えておられないようにコメントからは思われますが(→違っていたらごめんなさいね)

度々引用させて頂き、印象が悪いですがお許しください。

記者が聞きたかった質問についてですが複数あり、musetteさんがどの質問についての事を指しているのか定かではありませんがどの質問でしょうか?

会見を通して記者の質問について見てみると
まず取材する対象がおかしいと思います。

全く同感です!

私も、またDVやなぁ~と不快に感じながら観ていました。
そして、私も、その質問に答えて欲しい!と思いながら聞いていました。

教育委員会が命令することになった、そもそもは、
橋下さんが、そんな条例を作ったからですからねぇ~~。

記者さんがそのことを聞いているのは、私たち大半の視聴者(大阪や日本の教育のあり方を心底心配している人間)が、そのことを聞きたがっているからであって、橋下さんも、それをわかっているのに、上手に論点をずらして、さすが弁護士だなぁ~と、いつものことですが、苦々しく観ていました。

でも、橋下マジックにかかってる人は、やっぱり、それに気づかないんですね。
論点をずらし、さも正論を言ってるかのように錯覚させてしまうように言ってるけど、こりゃ完全に子どものケンカやん!と思えていたのに、そのまま正論だと信じてしまう人が、少なくはないんですね。

それが、とってもびっくりと共に、怖いな、と思います。

ゆりひななさん,長文お許しくださいませ

ゆきこさん,ありがとうございました!
ゆきこさんが言われる『橋下magic』が解けるように祈りつつ,びーなさんへお答えします。

>橋下氏の答え、考えを聞きたかったとありますが
>それについては「教育委員会の命令については私が答えることではありません、
>私の職務権限外です」とはっきりと述べています。
>それ以上の橋下氏個人の見解をお聞きになりたかったということでしょうか
→そうです。
 彼が先に府市でトップに立って『首長が教育に口出しできるように』条例等で先導したからこそ,教育委員会は首長の意向を汲み,とうとう今回は個々の教員全員に職務命令(か通達)を出したと考えられます。
言うまでもなく,教育は本来,政治から独立しているべき(=政教分離の原則)なので,今回の職務命令発令後に,実際に『現場の最高責任者(校長)の少なくない人数から,賛成とは解釈しにくい意見が出た(ex:『起立斉唱は別々にチェックすべき』に対して,そう思わないなど)』のなら,「その事実について先導者がどんな感想を持つか」「現場との溝を埋めるために改めるべきところはないのか」等についての見解を,保護者(視聴者)が当人(首長)にききたいと思うことは,ごく自然なことです。
 保護者はこども共々,首長でなく校長先生に近いところで暮らしていますので…。
彼の影響があったからこそ現場で起こったことを,教育委員会だけの責任にするのは,なんだかなって感じです。
 大体,彼はズルい。肝心なところで責任を回避する。自分が代表を務める維新市議団が,問題点満載の『家庭教育条例案』を出した時も,いち早く風を読んで「(リーダーの)自分は知らなかった」と逃げ,第三者みたいに市議団を批判。自分の団体がやったことなのに,そんなのリーダーとしてあり得ないと思うのは,私だけでしょうか?
万一本当に内容を知らなかったとしても,少なくとも管理不行届きの責任はあるでしょうに。でも絶対謝らない。だから今回も,相手への攻撃(パワハラ&詭弁)で防御し,責任を問われないようにしたのだと思います。キレて話題になれば,ちょうど維新の家庭教育条例案の失態から,世間の目をそらすことができますし。

>それこそマスコミが揚げ足を取ったような報道をするから橋下氏は警戒しているんだと思います。
→そうですね。
警戒しているのでしょう。実際口許チェックでは,世間の誤解を生むような報道をしたテレビ局がありましたし。でも,マスコミは今でも大半は「橋下さんアゲ」だと思います(ほとんど責任を追及しない)。

>会見中記者が質問に答えた箇所がありますでしょうか?
→はい。
Track Backのところに紹介されているAfternoon Caféで,動画のやりとりが字になっていますので,確認されるとよいと思います。

そうそう,この「(記者さんが)質問に答えた」一例で,一番びっくりなのが,
!記者さんの答でなく,橋下さんが記者さんに提示した正解の方が間違っていたこと!

『職務命令』は組織(教育委員会)の名では出せず,組織の責任者(教育長)から校長に出されます(因みに教育長が全職員に職務命令を直接出すことも,ないのが普通。職員に職務命令を出せるのは,教員の所属先の直接の上司である校長であり,教育長→全職員への職務命令は出されないのが普通。今回は異例中の異例のようです)。
 記者さんはおよそ発令者をご存知で,彼に
「誰が(起立斉唱の職務命令を)出したのか」と質問された時,
「中西教育長でしょうか」と答えました(中西教育長は府教育長。ここは市教育長が正答かもしれないが,教育長との認識は◎)。
なのに彼は「とんでもないですよ。教育長が(職務)命令出せるんですか!?」と彼女を叱り,こともあろうに誤答である『教育委員会』を正答として提示したのです。
彼は彼女に謝るべきでしょう…
自分の認識の方が間違っているのに,正しい相手を勉強不足呼ばわりしたのですから。
「誰に出されたか」の方は,彼女に限らず他の記者さんもどなたもご存知ではなかったようで,これは勉強不足でしたが,通常では考えられないルートで出されたので,知らなくても同情の余地ありかもしれません。

No title

なるほど・・・。

私の無知さも露呈していまいお恥ずかしい限りです(´・ω・`;A)

勉強になりました。

musetteさんどうもありがとうございました!



罵倒、恫喝、パワハラですよね

橋下市長さんと記者さんの動画を見ましたが、ただただ不快で
まともに見ていられないような内容でした
あそこまで一方的に高圧的に罵倒して怒鳴る姿を見たら、
誰でも自分に置き換えて嫌な気持ち、怖さを感じますよね

私は今まで橋下さんに好意的で支持していましたが、
あの動画を見てから橋下支持を止めました。友人達も同じ感想です
プロフィール

ゆりひなな

Author:ゆりひなな
おもしろい記事書くために、おもしろい生活できたらええなぁ。その逆でもええけど。

私のおすすめ記事

●「ご存じ山田寺」みたいな。 ●橋下人形と新自由主義の大実験1~4 ●「百年目」 ●ロスジェネの迷走 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
過去ログ +

2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 01月 【5件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【3件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【7件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【7件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【16件】
2011年 12月 【21件】
2011年 11月 【23件】
2011年 10月 【25件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【30件】
2011年 07月 【20件】
2011年 06月 【17件】

ブックマーカーリスト
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。