スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いじめ」厳罰化に思う。

大津のいじめ自殺をめぐって、いろんな報道がされてる。
いじめの陰湿さは、かなりのもんやし、ほんま許されへんと思う。

で、ここへきて、こんな世論が出てきてる。
学校外でやれば犯罪やのに、学校内なら「いじめ」で片づけられるのはおかしい、
刑事罰で対処すべき、厳罰化すべき。

うーん、これって何か違和感がある。

警察と学校…、金八先生の1シーンを思い出す。
学校に乗り込んできた警察に、加藤たちが連れて行かれるところ。
あのシーンは、なぜあんなにも悲しかったんか。
当時、私は、金八先生が全く好きではなかったけども、
金八が必死に加藤を守ろうとして、守りきれなかった姿は切なかった。
あの悲しさって、「こんなやり方で解決せーへんやんか」っていう
やりきれなさやったんちゃうかと思う。
中学生って、ものすごく未熟やんか。
中学生って、生活の背景をそのまんま背負って学校に来てるやんか。

いじめるのも子ども、いじめられるのも子ども。
彼らは、どっかから突然わいてきて、学校に存在してるわけじゃない。
彼らの背景には、家庭があり、社会がある。
競争教育のストレスにも、家庭の問題、将来への不安、貧困、
大人自身のストレスにも全部、子どもはさらされてる。

そして、学校の先生の背後にある問題も重大。
勤務評定や、大津の場合だと学校選択制も、
子どもを見ることよりも、外からの目を気にして、
上の顔色を見ることを重視してしまう要因になってないやろうか。

背後にある、複合的な要因を、ほったらかしにしたまま、
未熟な者に、自己責任を強要するってどーゆうこと?

子どもの授業理解度が低いからって、ただ留年させるって話と同じ。
あるいは、少年犯罪を厳罰化すれば抑止できるっていう安易さと同じ。
最終的に現れた現象のみを問題視して、
そこをたたけば解決するなんて、ずさんすぎる。
何で、そこに至る原因を、丁寧に分析して、ひとつひとつ解決せーへんのか。

大人社会でのいじめとも言える搾取や貧困や差別、閉塞感…。
子どもを取り巻く状況を、変えていくのは大変やけど、それこそ大人の責任。
そして、今すぐ、せめて子どもを見てほしい。
子どもに向き合ってほしい。
それができる環境を、先生に与えてほしい。

当該中学校を爆破するって嫌がらせするとか、
加害少年を吊し上げずには我慢ならないとか、
当事者でもない人々が、それを叫ぶことの、それが「いじめ」とどう違うのか。
問題を矮小化して、「犯人」を責めたてて、それで何が解決するのか。
死ぬほど苦しんだ子どもを思うと、やりきれん。



にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いじめの事

私も金八先生のあの場面忘れられないのです。本当に切なくてそれに中嶋みゆきの「世情」の歌が挿入されていてあの歌を聴くとあの場面が思い出されてね・・・。

武田邦彦さんのブログにも書かれていましたが国の総理がウソつきでは子供たちもウソをついたりいじめたりするのは当たり前になってくる。大人がまず本当のことを言わなければというようなことでした。
国の教育の在り方がやはり問われると思います。一部の出来る子供だけを作ってあとは戦争の為の駒に仕立て上げればよいなどと言っている人が教育の上に立つなんて怖いことです。あとは推して知るべし子供たちが可哀そうです。

No title

中島みゆき「世情」はアクの強い曲だから、バックミュージックに入れることは難しいけど、あれはピッタリハマっていました。
2日ほど前、NHKで原発事故の考証番組を見た。「現場は最善を尽くした」が基調の番組だった。「学校のイジメ」と同じ構造がココにもあるのではなかろうか。
現場ではどうしょうもない「構造的欠陥」。それがこのク二の風通しの悪い、息苦しさの原因ではなかろうか。
本を全部燃やしてしまったので、記憶だけで書くと。大岡昇平「レイテ戦記」の書き出し部分に、「愚かな指導層の愚かな作戦計画にも関わらずレイテの兵はよく戦った」とあった。この国は変わっていない。

No title

私も学校に行くのが嫌な一人です。

この記事を読んでやっぱり大人は分かってくれないんだと悲しくなりました。
金八先生と言うドラマ?は見たことないけど先生はあてになる存在ではありません。
いじめるのも子供、いじめられるのも子供ってどうして同じに扱うんですか。同じなのにどうして私がいじめられたり悪口を言われたりしなくてはならないんですか?。他人事だから?自分がいじめにあっていないから?

大人って何歳からかわからないけど、大人の人の意見って自分の考えを正当化しようとしているだけでいじめられている人を助けたいとか思ってないような気がします。大人にとっていじめも自分の正当性を表現する単なるネタなのでしょうか。

そこに至る原因を、丁寧に分析して、ひとつひとつ解決って書いていますが原因なんて無いと思います。
私がみんなにいじめられるようになったのは運動会のリレーで遅くて抜かれてからです。クラスが負けてそれからいじめられるようになりました。足が遅いのはいじめられる原因でしょうか。私が早くなればいいんでしょうか?。
私が早くなってもみんなが同じタイムでないとその時遅い人がまたいじめられると思います。みんなが同じなんて有りえないし。

大人同士でどっちが正しいと、いがみ合っているのを見ると、やっぱいじめって無くならないんだといつも感じて大人に相談するのも諦めました。
いじめを根本から無くすなんてどうでもいいんです。
ただ上履きに絵具入れたり、教科書に落書きしたりそんな行為をやめてほしいだけです。内心で私のことをどう思っていようが構いません。まず大人には先生も含めてそれを実現してほしい。
直接的な行為をさせないようにできれば、無視とかしかとはまだ耐えられます。卒業して新しい学校になって人も変われば無くなるかもしれないし。

授業がちゃんと受けられればそれでいいんです。私にも授業を受ける権利あるはずです。

No title

少女Eさんへ

ごめんね。
いつも大人はいがみ合っていて・・・。

私も、子を持つ母だから、《大人》なんだけど、私も、いくつから大人なのか?さっぱりわからないです。
ただ、大人になってから、気がついたのが、
子どもの頃の自分の気持ちと、大人になった自分の気持ちに、そんなに大きな差はないということ。
大人も、たくさん迷ったり、失敗しながら、生きています。
中学生の頃に迷ったり、悩んだりしていたように、今も、同じように、何が正しいのか?と迷ったり、悩んだりしています。

そして、私が、中学生の頃、大人のくせに!大人なんて!と、ずっと思いながら、大人なんて信用できない!と思っていました。

だからね、自分が大人になったら、絶対に信用される大人になりたい!と思ったのです。
でも、実は、それが、すごく難しくて・・・。

ただ、私が中学生の頃、少女Eさんが経験したみたいな「いじめ」は、なかったように思います。
少なくとも、私の知ってる周りでは、ありませんでした。

私たちの頃の「いじめ」というのは、シカトぐらいだったんですよ。
あ、やんちゃな子たちの間で、何かトラブル(男女の問題が主)があったら、リンチをしたり、されたり、というのは、ありました。ただ、それが、執拗に何度も、ということは、あまりなかったように感じます。
あと、校内暴力が問題となっていました。

私も、仲良しだった友達にシカトした経験も、された経験もあります。ちょっとしたやり取りで、仲違いして、それがシカトの原因になり・・・。でも、やがて、また、元の関係にもどっていくのが常でした。
ただ、クラス全員でシカトしたり、されたり、というのは、私にはありませんが、それをされた人が不登校になる場合はありました。私の通っていた学校では、学年で、ひとりや二人だったと思います。

私も足が遅かったので。
それが原因で、いじめに合うなんて、考えただけでも辛いです。

少女Eさん、今も、その状況なんですよね?
信用できない大人は多いかもしれませんが、それでも、まだマシ!と思う人が、周りにいないですか?
一刻も早く、誰かに相談してほしいです。
学校の先生の中に、マシな方はおられませんか?
保健室の先生とかは、どうですか?

先生がダメなら、近所に、おじちゃんやおばちゃんで、力になってくれそうな人いないでしょうか?

そんな人いないわ、ということであれば、PTAの会長さんや自治会の会長さんとか、地域で何かしてはる人は、すごく世話好きな人が多いので、あなたが、この人嫌!と直感的に思うような方でなければ、そういう人に、思い切って、相談してみてください。

本当に、大人は頼りなくて、どうしようもなくて、情けない人間は多いです。(私も含め)
ただ、あなたの『命』を守りたい!という思いは、ほとんど全ての大人が持っています。きっと、少女Eさんもわかってられるとは思いますが、それだけは信じてくださいね。

No title

少女Eさんへ、もう少し。

《私が早くなってもみんなが同じタイムでないとその時遅い人がまたいじめられると思います。》

ということ。
今の、その現実に、すごく心が痛みます。
では、どうすればいいか、わかりますか?
実は、これも、わからない大人は多いのです。

私の娘は、最重度の知的障害があります。
娘の小学校の運動会でのシーンが、今も忘れられません。
走るのも、すっごく遅かったけれど、それ以上に、運動会当日に、まともに走ってくれるかどうか?、それが、親も先生も心配で、ドキドキしながら見守っていました。

だけど、娘は、張り切って、みんなの半分の距離を走りました。
その残りの距離は、友達が走ってくれました。
娘が走った分、娘のいたチームは勝てませんでした。
それでも、子ども達が娘に怒ったりすることはない、と私にもわかっていたのですが、リレーが終わって、席に戻った子どもたちのそばへ行ったら、女の子だけではなく、男の子までが、「○○ちゃん(うちの娘)、よくがんばったなぁ~。」「ちゃんと走ってくれたなぁ~。」「よかったなぁ~。」というような会話を、とっても興奮しながら、皆で話して喜びあってくれているんです。そのチームは負けたのに。

私と同じように、子どもたちも、「ちゃんと走ってくれるかなぁ~?」ということを、ドキドキしながら見守ってくれていたようです。
私は、子どもたちのその会話を耳にして、涙がボロボロ流れました。

私自身は、どこの学校も、こんな風な子どもたちに育ってくれる学校を作りたいです。


【上履きに絵具入れたり、教科書に落書きしたりそんな行為をやめてほしいだけです。】

そうですよね。
少女Eさんのその状況は、一刻も早く、なんとかしないといけません。

ただ、それと同時に、
一番遅くなったら、その一番遅い子がいじめられる、という状況そのものも、なんとかしないとダメなのだと感じています。

ゆりひななさん、せたしじみさん、野良通信さん、私、おそらく、同じような思いであると思います。

少女Eさんの思い、どうしてあげたらいいのか、ネット上では、手を差し伸べられなくて、心苦しく、歯がゆくて。何もできなくて、ごめんなさい。

せめてできること。

イムニーさん、彼女に返事を書いてくださって、ありがとうございます。

ほんとに、今、現にいじめにあっている子の孤独を思うと、やりきれません。
無力だと感じます。

彼女は、原因なんてないと書いています。
ほんとに、直接的な原因なんて、ないのだと思います。
きっかけだって、大した意味のないものかもしれない。

ただ、私は、背景はあると思っています。
「いじめ」は、「いじめる子」がいなければ起こらない。
いじめる子は、なぜいじめるのか。
いじめる子の問題に向き合わなかったら、いじめはなくならないのです。
そういう意味では、いじめられる子は、ほんとにただただ被害者です。
今、この瞬間を何とかしてほしいということに、なかなか答えられないことが歯がゆいです。

私は、いじめをなくすために、せめて、必要な環境というのがあると考えています。
学校が、職員室が、教室が、風通しのいい場所になること。
いじめる子の背景を丁寧にあぶりだしたり、
1人1人の子どもに向き合ったり、
そういう心と時間の余裕が、先生に与えられること。
いじめる子の背景である、大人の社会から、いじめをなくすこと。

そういう環境を子どもに手渡すことができるように、
発言し、活動していきたいと思います。
見て見ぬふりなんかしたくないと思った子どもの自分と、大人の自分は、つながっています。
彼女らに、大人として信じてほしいなどと言うつもりはありません。
「せめてできること」という範囲になったとしても、
子どもを辛い目にあわせたくないという自分の思いから行動していくのみです。


いじめには,教師が一枚岩になって対処しないといけない

これは,少女Eさんのコメントに対する返信です。
なかなか結論としての答に辿り着かないけど,最後まで読んで下さるとありがたいです。

保護者として:
 大津の事件後に,あるブログで,現職教員の方と元職(教師経験者)の方が訪問者として書かれていたコメントを読みました。その中で,現職の教員の方が,
>学校なんか信用するな
>我が子を守れるのは親だけ
>いじめを疑ったら「まず学校を休ませて」,「子を安全なところに保護し」,そして「いじめの証拠を集めて,学校と交渉する」べき,
と書かれていました。
 時を同じくして,朝日新聞でNPO法人理事さんが,↑の3つめと同じことを書かれていたので,子がいじめにあった時は,親としてはとにかく
*「子を学校に行かさないという選択肢がある」ということ,
*「いじめの証拠を集める」ことをすぐ始める,ということ
を肝に銘じておくべきと教えていただき,気のひきしまる思いがしました。

元教員として:
 でも…そのブログ(の正確にはコメント欄)で「学校なんか信用するな」と現職の先生が言われていたことは,教諭経験のある私には,すごくショックでした。
学校を信用するなってことは,そこで働いている教師を信用するなということと同じじゃないの?と思ったからです。つまりこのアドバイスを書いた先生は,先生としての自分も信用してくれるなと言っているに等しいのではないかと。
 こんなことをもし先生に言われたら,家庭の事情で先生,学校に頼るしかない保護者はいったいどうしたらよいのか,そしてこども(生徒)はと思うと,とてもショックでした。ブログ主さんの言われるように,特に公立の学校には色んな家庭の子がいるからです。
 まあ,この先生の教師としての日常が「『教師』は,こんなにちゃんと懸命に諸々の難局の対処に努めているのに,管理職あるいは教育委員会の無理解や配慮不足で,例えば保護者に対する『学校』対応だけがおかしくなってて,こんなんでは教師はもうやってられんという状態」なのかもしれませんが…。でも,それならそれで,教師全員で管理職にそう言って,その学校の体制自体,学校対応自体を改善してもらうべきですよね?
 私は,いじめがあった時,例えば『真剣に加害生徒に向かって行く先生がいるのに,それを他の教師は加勢せず,または傍観していて,結果的に真剣に指導しようとしたその先生は,加害生徒に殴られめがねを割られた』というようなことがもし起きた場合,他の先生方は(それをみていた生徒に)信用されなくなると思うし,先生方が信用できないなら,先生方が勤める学校もまた信用に値しないと思われても仕方ないと思うのです。「学校なんか信用するな」と言われる現職の先生がおられる場合,職場がそんな状態でないかを先生達でセルフチェックしていただくのが第一歩ではないかなと。

 で,↑Eさんも先生を信用されていませんが,無理もありません。『ある生徒が授業をまともに受けられないような被害を受けているのに,しかも教室で授業中にそれが起きているのに(もしかして多数によるいじめですか?),何も行動しない』先生しかいないなら,先生を信用できなくても当然です。(信用できない先生が一人なのか,複数なのかが文面ではわからないのですが…)
 加害生徒が仮にとても暴力的な子で女性の担任には手に余っても,学校の教師皆がその子(ら)に「(暴力は)許さないぞ」という同じ姿勢で対処すれば,何とかなる=加害に至らなくする,ことは多いと思います。私の勤務高も生徒指導上の問題は多々ありましたが,とにかく教師たちが情報を共有して,まず学年全体で,そしてケースにより保健部や生徒指導部や部顧問の助け,他クラスの生徒(被害生徒の中学時代のなかよし)の力も借りて,多くの教師で対処していたので,なんとかなりました。先生が皆で問題に関わって動くことが大切だと思うのです。ちなみに,私の勤務校の教師間の合い言葉?は「自分の子を行かせたい学校にしよう」でした。学力が高い子は多くなく,家庭に問題を抱えている子もいたし,生徒の不登校や喫煙や停学もあり,仕事は大変でしたが,教師皆で連帯感を持って仕事をしていた実感はあり,それが私を支えてくれました。実際,勤務校の教員の子が受験したと聞いた時は,嬉しかったです。とにかく,生徒が悪いことをした時,A先生は注意するけどB先生はしないとか,注意しない先生の方が多いというのがだめだと思います。
 ブログ主さまは,教師がそういう連帯を育んだり生徒の情報を共有したりする余裕がない,多くの今の学校の教育環境(教師の労働条件含む)にまで思いを至らせておいでなので,今回の文章を読んでいて,元教師としてその思いやりがとても嬉しかったです。

私は,もしも今,もう全国的に「公立中の現職の先生が皆,『学校なんて信用するな』と言わざるを得ないレベル」になっているのなら,教員が協力し合えるような環境に直すため,(教員や1クラスあたりの生徒の)定数の見直し等,物理的な人的条件を見直すことも考えないといけないと思います。まずは各市に調査を求めるなど,府や国として,何か手を打ってもよいのではないかと(実態調査命令など)。本当に全国的に,組織の,そして物理的な問題があるとわかったら(=この教員の数でこれだけの仕事量はとても出来ず,生徒を丁寧に見ることは無理など),教員・生徒・保護者が一緒になって,いじめを失くすための制度改革,組織改革を求めていかなければなりません。

少女Eさんへ:
 でもEさんにとっては,そういう大局的なことよりも,日々のレベルのことの方が今は絶対大切ですよね。Eさんの文面でそれはよくわかりますし,そう感じるのも当然だと思います。
ですので,以下にそのヒントになるかもしれないことを書きますね。
Eさんの通っているのが小学校か中学校かわからないし,親御さんや先生との関係もよくわからないので,個々の状況を考慮した「ど真ん中のストライクの答」を投げられるかどうかは自信がないのですが…でも,私なりに頑張って考えてみました。役に立つこともあるかもしれないので,参考までに聞いて下さい。上↑で書いたことも関係して来ます。
 そうそう,イムニーさんの書かれていることと重なっていることもあります。
これを書くのに数日かかり,書きながらこれで助力になるだろうかと心配しながら書いていたのですが,イムニーさんのコメントと重なっているところもあり,私も投稿する勇気が出て来ました笑。ありがとうございます。

 Eさんがされることは,まず,
(1)複数の教師に同時に同じ話(いじめの事実)を聞いてもらう(=情報を共有してもらう)ことです。どうか,勇気を持って声を上げて下さい。その前に,
(0)準備として,
a.いついつ何の時間に誰々がこういう嫌がらせをしてきたというメモを作る(授業で被害を受けている最中に,加害内容と被害者が誰かの記録を残していることが周囲にわかれば,それが抑止力になることもあるかも。でも今は夏休み中で授業がないから,覚えていることでいいと思います。被害の内容思い出して書くのは辛いけど,がんばってね)。
b.先生方に話をしに行く時に,ついて来てくれる人を決めて(みつけて),一通りきいてもらっておく。

(0)b.は,(1)の時(=教師に話をきいてもらう時),こちらも複数(Eさんと付添いの人)でその機会を持つ方がいいからです。付き添いはもちろん,クラスの違う仲良しの友人でも,お兄さんお姉さんでも,親御さんでもいい。ゆくゆくは保護者にも話が関わってくるのでできたら保護者がいいですが,何か事情があって無理なら,率直に話ができる友人。先生にいきなり話をするのは難しいかもしれないけど,仲良しのお友達やお母さんになら,ここ↑に書いたような「事実」と「自分の正直な気持ち」を話せそうではないですか?きっと聞いてくれると思いますし,私も親ですが,親なら子に全部話して欲しいと心底思います。力になりたいと。

また(1)の相手は,理想を言えば「担任」と「実際に被害を受けた時に授業をしていた先生=全員でなくてよい」(←中学の場合),に加え「部顧問」や「養護の先生=保健室の先生」「前の担任」など,Eさんと相性のよい先生,Eさんのことをよく知って下さってる先生がいればその先生がいいと思いますが,これも,話を聴いてもらう相手はこの全員でなくてよく,2人からでもいいんです。
 つまり,基本的には「先生方が問題を先生方どうしで『共有』せざるを得ないようにして,『隠蔽しにくくする』ということ」ですが,もし複数の教師に話をすることに今はまだ抵抗がある(またはEさんの学校が小学校で,教科は全部担任が1人で教えている)なら,とりあえずは保健室で相談という形で養護教諭(+担任)に話し,2人に基本的情報を共有してもらうところから始めてはいかがですか。

無関心で力になってくれない先生ばかりじゃないはずです。助けてくれる先生も絶対にいます。

Eさん対先生が「1対1」にならないように気をつけてセッティングし,なんとかがんばってほしいです。応援しています。ちょうど今は夏休みなので,準備が整ったら親御さんからに教頭先生に電話してもらって相手(の先生方)を指名し,呼び出してもらうといいのではないでしょうか。授業のある学期中よりはスムーズにセッティング出来るような気がします。

追伸

 複数の先生にきいてもらうと,「聞いた先生が『自分(だけ)に言われているのではない』と責任を感じないかもしれない」という不安は確かにあると思います。でもそういう時のために「残してある記録」「準備したもの」があれば,強いと思うんです。だから,記録には加害者とその行為だけでなく,いつの誰の授業の時かも書いておいてね。
 それから,さっきのコメントの最後の方に「教頭先生に連絡を取って」と書きましたが,教頭が事なかれ主義で責任逃れをする人である場合もあります。これは個人によって様々なので,,,ホント何とも言えませんが,学校では何かあったときに「一般教員→(学年主任,生徒指導主事などの主任クラス,と来てから →)教頭,校長」となるので,一応管理部門の,担任に近いとこにいながら,対外的な窓口になることがある程度多い教頭を書きましたが,教頭がEさんから見てどうかなと思う場合,同じ学年のベテラン先生やクラブの熱血先生など,Eさんが個人的に信頼できると思う人でいいです(イムニーさんの言われていることと基本的に同じですが,信頼できる大人を選ぶということ)。
 伝達系統的には,他の先生に言っても,結局は教頭,校長の耳にも入ることにはなりますが,この種の情報はとにかく多くの先生の耳に入れた方がいいので,教頭のところに行くまでに他の先生にきいてもらっても,別に問題がないどころか,反っていいと思うということです。
プロフィール

ゆりひなな

Author:ゆりひなな
おもしろい記事書くために、おもしろい生活できたらええなぁ。その逆でもええけど。

私のおすすめ記事

●「ご存じ山田寺」みたいな。 ●橋下人形と新自由主義の大実験1~4 ●「百年目」 ●ロスジェネの迷走 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
過去ログ +

2017年 07月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 01月 【5件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【3件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【7件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【7件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【16件】
2011年 12月 【21件】
2011年 11月 【23件】
2011年 10月 【25件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【30件】
2011年 07月 【20件】
2011年 06月 【17件】

ブックマーカーリスト
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。