スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋下さんと私たちの親和性。

維新が国政に出ようとしてる。
彼らの政策を見てると、とても復古的。
中でも教育は、多くの、すでに失敗した政策を、
臆面もなく、なぞろうとしてる。
なぜ、こんなにも新しさがないのか、
なのに、なぜ、こんなにも私たち世代は支持するのか…。

橋下さんは1969年生まれ。
私もほぼ同世代。

私たちは、いい大学に入っていい就職をすれば未来が開ける…、
それを信じて競争し、信じた結果が手に入らなかった世代。

私たちの受けた教育は、2つの価値観の狭間で、矛盾に満ちたものやった。
競争を勝ち切った者が生き残る権利を有するという価値観。
それから、戦争への悔いを背景に、どの子も大切に育てようという価値観。
橋下さんは、その矛盾によって、
生き残り競争の価値を下げられたと感じてるのかなぁ。
今、親になった私たち世代の多くが、
平等ぶった公教育のせいで、努力した人間が報われないんだという
橋下さんの苛立ちに共鳴してる。

彼は、今、戦争を悔いる価値観を、統制によって葬り去ろうとしてる。
統制は、財界が望む通り、公教育のスリム化にとって近道になるやろう。
だけど、その結果、どれほど多くの子どもたちが、
その痩せ細った教育からこぼれ落ちるやろうか。
この政策は、未来に責任を持ちえない。
だからこそ、私たち世代は、
苛立ちを公教育の解体に向ける短慮に気付くべき。

私たちは、経済ごと、やり直したいのかもしれん。
自分たちだけ、間に合わなかった、豪華客船に乗せてもらえなかった、
そんな気持ちで、不満をかかえながら中年になって。
でも、戻りたいと思う経済成長期は、破たんの原因をはらんでたよね?
原因が積み重なった末の破たんが、私たちに振りかかったんやったよね?
同じことをして、子どもたちの未来に破たんを押しつけるの?

安っぽい競争で培われた、根拠のない優越感や劣等感には、
未来を築く力なんかない。
橋下さん自身がそれを証明するやろう。

私は、わが子を孤独なサバイバルに駆り立てるのではなく、
わが子の世代が、手をとりあって生きる未来を準備したい。


にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

維新八策

うわー、橋下徹の誕生日が1969年6月29日で、私の誕生日が1969年6月23日、めちゃくちゃ同世代です。(涙)

そう、私も受験勉強の激化した時代で、大学に入ってバブル期、就職してから「土地神話」が崩壊した頃で、やっぱり、その弊害もあって、精神疾患になっています。あまりに勉強以外のことが免除され続けてきました。

維新八策、「公務員制度改革」が個人的には怖いですが、「教育改革」「外交・防衛」「憲法改正」は、本当に危険な政策ですね。

日本維新の会に、自民党や民主党の議員が流れているようで、本当に怖いです。

自民党から民主党へ政権交代しても結局、オール与党状態で、公約違反、特に消費税増税法案などで国民が政治不信に陥ったタイミングで、国政進出を図る、ヒットラーそっくりです。

橋下徹は、コスプレのスキャンダルにしろ、原発問題でも安易に財界にすり寄るし、企業献金を受け取り早くも公約違反するし、異論を唱えても態度が豹変し、言い訳にかけては天下一品。

今、東日本大震災の復興や、自然エネルギー政策の転換期と、重大な場面に来ているのに、あんなデタラメな人の率いる「日本維新の会」に、国民が騙されてほしくないです。

日本を再び軍事国家にしないためにも、日本維新の会は、政界から追放したいですね。

闇を覗き込む者はまた闇から覗き込まれているでしたっけ?

似てるのは、極論を持って相手を話し合いの通じない悪と決めつけ、自身の主張を曲げない姿勢なのだと思いますよ。
橋下さんと言う人は市民運動等で使われてきたそういう攻撃的な手法に長けているんでしょうね。

もどかしくても相手の理を認めた上で自身の理を説き現状の改善を図る。
そういう地道なやり方を貫ければ、橋下さんの責め手も空回りするかも知れませんが、挑発的な手法に対して挑発的にやり返してもあっちが上手だと思いますよ。

冗談か本音か知りませんが「追放したい」なんて言うのは相手から見れば格好のネタにされるんじゃないかな。
橋下さんと闘うのなら、まずは自身の内にある橋下的なものを見直した方が良い気がします。

No title

私も同世代で2児の小学生の母です。
子どもたちが今の就職難の中で、将来ちゃんと生活していけるのか心配です。
だからこそ私は子どもたちには隣の子どもと競争するようにとは決して伝えていません。子どもが競争することに大きな価値があると勘違いしてしまったら、自分が困った時に助けを求められずに孤立してしまうほうが困ると思ったからです。
隣の子どもたちと助けあえて、自分の考えを伝えられる、友達の考えを聞けるという力はこれからの社会を生きていく上で必要なことだと思うので、「話し合いのできる人になってね」と私は毎日伝えています。

HNぐらい書いた方がいい

>「追放したい」なんて言うのは相手から見れば格好のネタにされるんじゃないかな

こういうのを屁理屈という気がします。
「反対意見を聞かない人達」を「追放したい」と言っているのです。
完全に論点をずらしていますね。
考えてみれば、この人のコメントそのものが「橋下的」ですね。
プロフィール

ゆりひなな

Author:ゆりひなな
おもしろい記事書くために、おもしろい生活できたらええなぁ。その逆でもええけど。

私のおすすめ記事

●「ご存じ山田寺」みたいな。 ●橋下人形と新自由主義の大実験1~4 ●「百年目」 ●ロスジェネの迷走 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
過去ログ +

2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 01月 【5件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【3件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【7件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【7件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【16件】
2011年 12月 【21件】
2011年 11月 【23件】
2011年 10月 【25件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【30件】
2011年 07月 【20件】
2011年 06月 【17件】

ブックマーカーリスト
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。