スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪の空気感。

こんなこと、なんで普通にまかり通るようになったんかなぁって思う。
大阪で起こっている数々の横暴。
これが、全国に波及していくサマを、見ることになるんやろうか…。

橋下氏が、女性新聞記者を名指しし、口汚く罵っている。
彼女が書いてもいないことをあげつらって、
新聞社に取材拒否をちらつかせ、一方的な謝罪をさせている。
彼女が本名でやっているツイッターアカウントを、
自分のツイッターにわざわざ記載し、
自分の信者を誘導し、扇動し、彼女を脅すよう仕向けている。
そして、新聞社は委縮し、沈黙している。

委縮しているのは、新聞社だけではない。
市役所も、教育委員会も、教員も、地域振興会も、
それぞれに、予算配分や労働者としての地位や、処罰をちらつかされ、
こわばったまま、動けないでいる。

例えば、大阪市教育委員会主催の「熟議学校選択制」の委員会。
学校選択制について、広く意見を聞く場をつくろうと、
PTA、校長先生、区長、公募委員など、
代表20人が、半年にわたって議論を重ねてきた。
その「報告書」は、多くの反対意見も含めた両論が併記された。
すると、橋下氏は、即座にこの委員会を全否定。

選挙で選ばれ、民意を代表しているのは自分だ、と。
だから「熟議委員」など、意見を言う資格はないのだ、と。

区長が学校選択制を入れない判断をするなんてありえない。
なぜなら、区長は選挙で選ばれたのではなく、
民意である自分に選ばれたのだから、
自分の顔色を見て仕事をするのは、当然のことではないか、と。

パブリックコメントは、いっさい読まない。
意見公聴会で反対の意見が出れば、
反対派しか来ていないのだから市民の声ではないと言い切る。
賛意を示すかどうかで、マスコミに順位をつけ、あからさまに差別する。

そして、いちばん怖いのは、
そういう状態に、誰もが沈黙していること。

やがて、私の口も封じられるんやろうか。
私だけでなく、
橋下氏に期待している多くの市民にも、いつか、
縮小していく公的サービスや、恣意的な優先順位に違和を感じたとき、
その矛先が向けられるんやろうか。

私が生きてきた間に、こんなこと、あったやろうか。
話に聞く戦前とは、こんな状態のことなんやろうか。
とても、怖い。
民主主義を死なせたくない。
今を、終わりのはじまりにしたくない。
このことを、多くの人と共有したい。



にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

転載させてください

堺からのアピール事務局の前田純一です。この文章を幣blogに全文、ブログ名、URL明記で転載させてください。もしご承諾をいただけるようでしたらご一報いただけると幸いです。

No title

ご無沙汰しています。でもゆりひななさんのご奮闘はよく知っていますよ。この「大阪の空気感」の文章、大阪革新懇に転載させてください。大共感しています。よろしくお願いします。

No title

「熟議」公募委員、本当にお疲れさまでした。
みなさんのこの半年間の汗と涙の結晶を、ゴミのように扱う
自分の考えに反することは徹底して見ざる聞かざる・・・
あきれるくらいのチキン男ですね。
みなさんがまとめられた報告書は、無駄にはなりませんよ。
きっと、いつか生きる時が来ます!!

No title

私もゆりひななさんと、同じようなこと考える時があります。
でも腹が立ち過ぎて憂鬱になりそこねました(笑)
声を上げる自分と、怒る自分を失わない様にしたいです。

勇気をもちたい

私も怖いです。
生きてきて、こんなに日常から恐怖を感じるのは初めてです。
でも、声を上げる勇気をもちたいです。
橋下氏の「大阪維新の会」と連携している「東京維新の会」が
「戦前の大日本帝国憲法の復活」の請願に賛成したそうです。
「我々臣民としては、国民主権という傲慢な思想は直ちに放棄」
だそうです。
恐ろしいのが、これが現職の議員だという事。「国民主権」の筈の今の日本の議員なのです。

国民主権の放棄って

国民主権を放棄して、日本を旧ソ連みたいにしたいわけか。
「東欧か!」
と突っ込んでみようw
維新信者ってやっぱり革命大好きなんだね。
哲学者の適菜収さんの御指摘は、大当りですな。

必ず最後に民主主義が勝つ!

ゆりひななさん、こんにちは。
大阪市の空気、しんどそうですね。。。。。

私は、同じ新自由主義者の労組いじめ、職員いじめは、体験したけれど、中田宏は、まだ、自分のイメージアップに気をつけて、演説の上手さで市民を引き付けるタイプでした。つまり、横浜市職員向けの顔と、横浜市民向けの顔を使い分けていたので、皆、騙されてしまったのです。

でも、橋下徹は、ひどいことをしますね。私もツイッターで、橋下徹をフォローして、言動を経過観察していますが、批判している人たちに対して、本当にイチイチ反論していて、頭はいいんだろうけど、精神的には、まだガキ大将と変わらないじゃないかと思ってみています。

ちなみに私も本名を出して、「○○○(脱原発に一票、打倒!維新の会」という名前で出しています。でも、橋下徹に直接、返信すると危険なので、やりませんが、批判的意見は一杯書いています。ツイッターもたった140字ですが、世論形成には、持って来いですヨ。

橋下徹が自分の思想に反する結果が出たら、排除するつもりならば、どうして、「熟議学校選択制の委員会」とか、「パブリックコメント」とか、民主主義的な手法を、そもそも取り入れるのでしょうか、そこが理解できないですよね。

私が27歳のとき、青年海外協力隊に行く訓練所の同期で、私の班の班長だった視聴覚表現隊員が、㈱ユー・エス・ジェイ エンターテイメント部ユニットマネジャーから、此花区長として採用されたのですが、なぜテレビ界の裏方が、区長になっているのか不思議でした。

> そして、いちばん怖いのは、
> そういう状態に、誰もが沈黙していること。

> やがて、私の口も封じられるんやろうか。
> 私だけでなく、橋下氏に期待している多くの市民にも、
> いつか、縮小していく公的サービスや、
> 恣意的な優先順位に違和を感じたとき、
> その矛先が向けられるんやろうか。

大丈夫、まだ日本国憲法が、ゆりひななさんを守ってくれます。
橋下徹のやっていることは、全部、日本国憲法違反ですから。
橋下徹が訴訟されれば、司法は簡単に思想統制されないでしょう。

そして、戦前との大きな違いは、今の日本は普通選挙制度です。
国会は確かに1票の差がありますが、市長選や県知事選や地方議員選は、多分ないでしょう。

多くの市民が、いつか縮小していく公的サービスや、恣意的な優先順位に違和を感じたら、その時は、ゆりひななさんのような活動家が活躍するチャンスです。橋下徹の対立候補を立てて、選挙で落としていくのです。

横浜でも「市民の市長を作る会」という集まりがあって、主に横浜市立大学の教授や講師に、擁立候補になってもらい、日本共産党推薦で、無所属という形を取っています。

問題は、橋下徹が市民の集会を禁止したり、大阪県警がデモ行進に必要な道路使用許可を出さなくなったりするケースですが、それこそ司法の場で、対決して良い場面かも知れません。

日本維新の会は、NHKの世論調査では、まだ国政における支持率は、自民党に負けているようですね。。ただ、民主党もダメ、自民党もダメ、となったとき、他の野党と連立を組んだとき、とんでもない右翼政党が出来たりすると怖いですよね。

政令指定都市の市長は、大統領並みに権力がありますから、かなり好き勝手は、始めのうちは出来るでしょうが、国政はそんなに甘くはないでしょう。自分が権力がほしい人たちが一杯いますから。

日本維新の会として衆院選挙に出馬の準備をしている国会議員団と橋下徹の間で、早くも主導権争いが起きて、国会議員と地方議員の立場を対等にすることに国会議員側が反発し、企業・団体献金の受け取りの問題も橋下氏と国会議員団で見解を、異にしています。

これに対して、「大きな方針や戦略は国会議員団より私のほうがたけているので、私が方針を出す」という、あまりに失礼で、どこまで自分が優秀なつもりなのか、これを聞いて、本当に、頭にくる奴だと思いました。

ゆりひななさん、時代は絶対に良くなっていきます。保守化したり民主化したりを繰り返しながら、歴史が進んでいることは、今までの歴史が証明してくれていると思います。

今は、苦しい時かも知れないけれど、ゆりひななさんのような方がいる限り、時代は少しずつ進歩します。

横浜の私がこんなことを言うのは、無責任かも知れません。
私が大阪市の職員だったら、真っ先にクビにされていると思います。

> 民主主義を死なせたくない。
> 今を、終わりのはじまりにしたくない。
> このことを、多くの人と共有したい。

そうそう、そういう思いを持ち続けることが、何より大切ですネ。



プロフィール

ゆりひなな

Author:ゆりひなな
おもしろい記事書くために、おもしろい生活できたらええなぁ。その逆でもええけど。

私のおすすめ記事

●「ご存じ山田寺」みたいな。 ●橋下人形と新自由主義の大実験1~4 ●「百年目」 ●ロスジェネの迷走 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
過去ログ +

2017年 07月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 01月 【5件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【3件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【7件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【7件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【16件】
2011年 12月 【21件】
2011年 11月 【23件】
2011年 10月 【25件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【30件】
2011年 07月 【20件】
2011年 06月 【17件】

ブックマーカーリスト
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。