スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの世界を慮る。

大阪で、小学5年の子が学校の統廃合を苦に自殺した。
このニュースを聞いたとき、私は、わが家のことを考えた。
うちの子どもは、こんな風に死を選ぶ可能性がないやろうか。
そして、すごく怖いと思った。
他人事じゃない気がした。

うちでは、子どもとニュースや新聞を見てよく話をするし、
子どもは、学校であったことを細かく話してくれる方やと思う。
小学校低学年の子どもたちだって、あなどれない。
きちんと考えて、自分の言葉で意見を言う。
変に子ども扱いしないで、子どもの考えることに向き合いたいと思ってきた。

だけど、子どもの見ている世界を、私は見れているのかな…と不安になる。
幼い彼らの精一杯、満タンの思いというのを、私は知ってるのかな…と思う。

情報は、親からだけではなく、学校からも友だちからもテレビからも入ってくる。
今は、子ども世界の速さや色や臭いを想像するしかない。
かつての自分は、そんなにも子ども子どもしてたっけ?
案外、いろんなことに注目して、冷静に分析してた。
そのくせ、すぐに思いがパンパンになって、溢れそうになってた。

このところ、ずっと首長が主導する教育改革が物議をかもしていることを、
子どもが注意深く見ていたとしたら?
パブリックコメントが軽んじられていること、
教育委員会が右往左往すること、
統廃合も学校選択制も、反対派の大人がいても、大筋で方向性に変わりようがないこと…。
そんな中、大きく情勢が変わったのは、桜宮で高校生が自殺した件だけ。
自殺者が出たから首長も教育委員会も動くのだ、という強烈なメッセージを、
子どもが受け取っていたとしたら?
そんなことを思う。

どんなときも命と引き換えになんかしてほしくない、
彼のご両親もきっとそう強く思ってたはず。
私も、わが子にそう言いたい。
それは、絶対にわかってもらう。
でも、子どもは親とは別の場所で、子どもの道をひた走ってるということも、
肝に銘じておこうと思う。


にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆりひなな

Author:ゆりひなな
おもしろい記事書くために、おもしろい生活できたらええなぁ。その逆でもええけど。

私のおすすめ記事

●「ご存じ山田寺」みたいな。 ●橋下人形と新自由主義の大実験1~4 ●「百年目」 ●ロスジェネの迷走 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
過去ログ +

2017年 07月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 01月 【5件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【3件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【7件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【7件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【16件】
2011年 12月 【21件】
2011年 11月 【23件】
2011年 10月 【25件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【30件】
2011年 07月 【20件】
2011年 06月 【17件】

ブックマーカーリスト
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。