手渡したいのは青い空。

「手渡したいのは青い空」というのは、西淀川公害訴訟のスローガン。
1978年に始まったこの公害裁判は、
まさに「人間の未来がかかった闘い」やったと思う。
呼吸器を冒され、喉をかきむしって苦しむ患者や家族たちが、
関西電力や重化学工業の企業数社、そして国と道路公団に対し、
ばい煙や排ガスによる大気汚染や騒音・振動などの被害を認めさせ、
賠償と公害まき散らしの差止を求める裁判だった。
→ 西淀川公害訴訟「手渡したいのは青い空(全面解決編)」

私が就職したのは、この訴訟を担った法律事務所で、
事務員の仕事を覚え始めた1998年、最後の和解が成立し、
そのささやかなパーティの席で、私は初めて原告の話を聞いた。
20年以上続いた裁判の間に、
多くのぜん息患者が亡くなり、原告も年老いてた。
経済的利益を優先する力が強すぎて、
長い長い時間を、ほんとに苦しめられたんやなぁ。
だけど、裁判の中で誕生した「あおぞら財団」は、
子どもたちに青い空を手渡すために、今も活きてる。

今日は、中国から汚染物質がたくさん飛んできてるらしい。
テレビ見てたら、粒子状物質PM2.5を、はじめて肺に入れているかのような錯覚に陥る。
中国は、いろんな汚染に無頓着な状態やろうし、
日本にもつながってる空が汚されるのは迷惑やと思う。
でも、これまでぜん息で死んでいった人は日本にもたくさんいる。
被害を認めて対策を講じるまで、長い長い時間がかかってる。

中国の公害を許容しようって言うんじゃない。
あの北京の空の下に、背中丸めてもがき苦しんでる子どもがいることを想像したい。
つながってる空に責任を持つことを国を越えて共有したい。
対立してるのは国どうしじゃなく、目先の経済的利益と人間の未来。
いくつもの公害裁判の被告だった国には、それがわかるはずやと思う。


にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆりひなな

Author:ゆりひなな
おもしろい記事書くために、おもしろい生活できたらええなぁ。その逆でもええけど。

私のおすすめ記事

●「ご存じ山田寺」みたいな。 ●橋下人形と新自由主義の大実験1~4 ●「百年目」 ●ロスジェネの迷走 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
過去ログ +

2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 01月 【5件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【3件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【7件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【7件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【16件】
2011年 12月 【21件】
2011年 11月 【23件】
2011年 10月 【25件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【30件】
2011年 07月 【20件】
2011年 06月 【17件】

ブックマーカーリスト
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR