スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6億で逆ギレ選挙ってマジかぁぁ(。□゚ノ)ノ

橋下氏が大阪市長を辞める。
その会見、こっちの頭がおかしいんか?
と思えてくるぐらい意味がわからん。

以下、「橋下大阪市長の会見要旨」

3日の橋下徹大阪市長の記者会見要旨は次の通り。
 〔冒頭〕
 市長を辞め、市長選挙を行いたい。大阪都構想の是非について民意を問うと報道されているが、全く違う。今ここで賛成、反対を決めるのは時期尚早。今年の夏に、設計図と説明書を市民の皆さんに示し、その上で(都構想の是非を決める)住民投票をやってほしい。
 このようなプロセスを進めようと思ったら、一つに絞った設計図作りはやめておけという議会の意思に対して、大義を得る必要がある。市長選挙で市民の皆さんの後押しを受けなければいけない。
 〔質疑〕
 -他党は今のところ候補を立てない方向で調整している。無投票(再選)の可能性もあるが、それでも民意は得られたと考えるのか。
 反対するんだったら対立候補を立てないとおかしい。
 -再選されても府・市議会の同意を得るというハードルがある。そのたびに選挙をするのか。
 民主主義で認められている、ありとあらゆる手段を考える。
 -いつまでに選挙をしたいか。
 大阪市長という職務があるから、しっかり対応してからやらなければいけないと思っている。
(2014/02/03-21:17)

超イミフ~(?-?)
お~、そういや子分も3ヶ月で辞めてたよね。
(→「大阪市の公募校長が3ヶ月で辞める件。」
「思ってたのと違う~」言うて辞めるんそっくりやん。
そして、ふつふつと怒りが沸いてくる。
議会が言うとおりにせんから辞めるだ~?
議会制民主主義はそーゆうシステムや。
予算放りだして辞める~?
お前、マネジメントできてへんやんけ。
文楽やら市音楽団に使う税金が惜しい~?
言うこと聞いてもらえるまで何回でも選挙やるってどーゆうことやぁぁぁ。
選挙に税金5~6億円だぁぁぁ?

あかん。もうあかん。
誰や、こんなん市長にしたん。
せ~きにんしゃ出~てこ~~い!!って古い?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

橋下徹大阪市長のツイート集

まあこういう人ですからね。

橋下徹大阪市長のツイート集http://matome.naver.jp/odai/2138760828792926701
プロフィール

ゆりひなな

Author:ゆりひなな
おもしろい記事書くために、おもしろい生活できたらええなぁ。その逆でもええけど。

私のおすすめ記事

●「ご存じ山田寺」みたいな。 ●橋下人形と新自由主義の大実験1~4 ●「百年目」 ●ロスジェネの迷走 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
過去ログ +

2017年 07月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 01月 【5件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【3件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【7件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【7件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【16件】
2011年 12月 【21件】
2011年 11月 【23件】
2011年 10月 【25件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【30件】
2011年 07月 【20件】
2011年 06月 【17件】

ブックマーカーリスト
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。