スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「トンマッコルへようこそ」

観たかった映画を借りた。
「トンマッコルへようこそ」(2005年 韓国 パク・クァンヒョン監督)
すごく泣けた。

朝鮮戦争を画いてるのに、ファンタジック。
現実味がなくて、音楽が久石譲やからか、ジブリっぽい。
彼らが命がけで村を守るラストなんて、ナウシカそのもの。

違うのは、朝鮮戦争の傷の生々しさ。

ラジオも電話もろくにないあの時代、戦争に追い回された人々は、
どんなにか桃源郷を望んだやろう。
どんなにか見つかったら殺されるかくれんぼから離脱したかったやろう。
敵に怯える兵士も、敵が何なのか分からない。
ただ殺される村人も、なぜ殺されるのか分からない。
米軍が掃討作戦と名付け、処刑がイデオロギーに基づいた粛清だと言われ、
漢江にかかる橋が避難民ごと爆破されても、
とにかく、みんなが逃げて行く場所がなかった戦争。
命が何の重みも持たない期間が何年も続き、
何百万人もの人が自国内のどこかで命を落とした戦争。

極度の緊張と恐怖が続く中、
南北の兵士と米兵が、心も身体も救われた村があった。
殺し、殺されたくなかった。
助かりたかった。
平和の中で生きたかった。
朝鮮の大地に生えてるみたいな、その願いの方に、あまりに現実味があって、
観終ったあとも、くりかえしその願いが迫ってくる。
このファンタジーがあの国で大ヒットしたのは、
その傷があまりに深くて、いまだに癒されないからじゃなかろうか。

朝鮮戦争を知れば、世界の戦争の構図が見えると思う。
だけど、知らなくても、観てほしい。
観れば、戦争から逃げたかった思いの強さを追体験できる。
それはきっとどんな戦争にも共通のもの。
怖ろしいほど現実的なことをファンタジーの中でみる。
刺激される想像力が、戦争の正体を理解させる。
そういう映画やから。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ゆりひなな

Author:ゆりひなな
おもしろい記事書くために、おもしろい生活できたらええなぁ。その逆でもええけど。

私のおすすめ記事

●「ご存じ山田寺」みたいな。 ●橋下人形と新自由主義の大実験1~4 ●「百年目」 ●ロスジェネの迷走 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
過去ログ +

2017年 07月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 01月 【5件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【3件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【7件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【7件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【16件】
2011年 12月 【21件】
2011年 11月 【23件】
2011年 10月 【25件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【30件】
2011年 07月 【20件】
2011年 06月 【17件】

ブックマーカーリスト
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。