スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋下知事がコワイ。

大阪、守口市長選挙で「維新の会」市長が誕生した。

私は、橋下知事の言動がコワイ。
以前、知事は教育について、こんなことつぶやいてはった↓

大阪維新の会が6月議会で成立させた君が代起立斉唱条例に関して、
毎日新聞が記者の目と言う記事で
「教育現場に強制はなじまない」との主張をしていました。
もう僕と180度価値観が違うので論理的な論争とはならないですが、
敢えて言います。教育とは2万%、強制です。

価値観の問題ですら論理ではありません。
生まれたての赤ちゃんから大人になるまで、教育は強制そのもの。
もちろん、子どもが成長するにつれ強制の度合いが弱まり、
子どもの自立に軸足が移るでしょう。
それでも教育の基本は強制。社会のルールを教えるというのは強制そのもの。

ほっといたら、挨拶だってできません。おしっこだって、その辺でし放題。
ご飯を食べるときには肘を付く。
今の世の中のルールって、全て人間の本能ではできないことばかり。
だから教えるしかないんです。
場合によっては、子どもを脅してでも。

その子が、思想良心の自由によっておじさんに挨拶はしません!
と言っても許しません。
それなら、うちでは遊ばないでと外に出します。
教員が君が代を起立して歌うことも基本的には同じ。公務員なんですから。
そもそも教育現場の話とは異なります。
毎日新聞は公務員の規律と教育現場の話しを混同。

さらに教育は強制ではないと、何を綺麗ごとを!
この記事を書いた記者がどうやって子どもを育てているのか
聞きたいところです。
大人になってきちんと自立できるようにするためにも、
子どもの頃は一定の強制が必要。
社会なんて、人間の本能とは正反対のことばかり。
このストレスに耐えれないと自滅する。

人間の本能のままに生きられる人はごく一握りの才能ある特殊人間。
普通の人は、本能と正反対のプレッシャーの中で
ストレスを感じながら生きていかざるを得ない。
このストレスに耐えられるようにするのが教育。


これが、7人もの子を持つ父親の言動かしら・・・。
だって、子どもをちゃんと観察してたら、
強制なんかしなくっても、いろんなこと学んでいくってわかる。
人間には、社会と繋ろうとする力がある。
生まれたときから、手さぐりでママと繋がり、
パパや兄弟、友だちと繋がっていく。
一歩ずつ、それぞれのペースで、繋がっていく。
教育は、その子の力を伸ばすためのもの。
学校は、自らの力で、自ら選んで生きていくために学ぶところ。
一人一人の子どもは、豊かな才能をもった人格ある人間なんやで。
観察してたら、あまりに豊かで、びっくりすることばっかりやん。
大人が、レールをひくなんて、それだけでもおこがましい。

何て、貧しい人間観やろう。
そして、こんなにも貧しい人が、権力の座にあるなんて。
何てコワイことなんやろう。
この大阪で、子どもを育てることが不安になる。


「訪問したよ」ってポチッとしてね!
にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
携帯用⇒にほんブログ村 平和
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本当に大阪の橋本知事には驚いてしまいます。こんな人が知事でいることを許している世の中もおかしい。強権政治そのものですね。
自分を何様だと思っているのしょう。

人気があると思っての傲慢な発言許せません。

知事室に自分の子供を呼んで有名な人に色付きの文字会わせても何が悪いといって開き直ったりするのですものおかしいですよ

大阪の人達が早く気がついて良識ある知事を選べるようにと願っています。

コワイのは支持されてるということ。

ほんとに・・・。
一つ一つの言葉に触れたら、粗暴で強権的、
攻撃的でコンプレックスの塊のような人格が透けて見える。

この特徴を、人は「強い指導力」と幻惑してとらえる。
こんなものに幻惑されるぐらい、府の実情が危機的なんだと思う。

私は、子どもを守りたい。
すごく、日常のストレスになるくらいコワイと感じてます。



プロフィール

ゆりひなな

Author:ゆりひなな
おもしろい記事書くために、おもしろい生活できたらええなぁ。その逆でもええけど。

私のおすすめ記事

●「ご存じ山田寺」みたいな。 ●橋下人形と新自由主義の大実験1~4 ●「百年目」 ●ロスジェネの迷走 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
過去ログ +

2017年 07月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 01月 【5件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【3件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【7件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【7件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【16件】
2011年 12月 【21件】
2011年 11月 【23件】
2011年 10月 【25件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【30件】
2011年 07月 【20件】
2011年 06月 【17件】

ブックマーカーリスト
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。