スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋下知事は迷惑。

橋下知事が大阪でやろうとしている「教育基本条例」に、
すごくすごく拒否感がある。

知事が押し付けようとしてるのは、強者の論理ばっかり。
テストの点数を公表して、学校にランクづけし、できない子を抱える学校をたたく。
短期間で評価を下されてしまう先生たちは、
できない子に丁寧に教える時間も与えられない。
先生どうし監視しあってるから、生徒によりそう心の余裕もない。
切り捨てられて、置き去りにされる子たちは、
そのまま社会に放り出されて、
さしずめ、大企業が望む「派遣労働者」として、
社会の底辺を支える人材になる。
・・・という目算やろうか。

「できる子には、より多くのツールが用意されるからええやん」
って思うママもいるかもしれへん。
だけど、もしも、自分の子が、強者から弱者に転落したらって想像してみて。
勉強につまずくだけでなく、事故に遭ったり、経済的に困窮したり・・。
そしたら、定時制高校はないわ、
偏差値や過疎を理由に学校は統廃合されてるわ、
追いつめられてる先生たちは向かい合ってくれへんわ、
障害のある子は受け入れる体制も人材もなくなってるわ、てなことになる。

私は、子どもに、人を見下したり、妬んだりする人間になってもらいたくない。
自分の思うことを自由に発言して、
やりたいことを自由にやって、
たくさんの友だちと笑い合って、
人を愛することができる人間になってほしい。

だから、橋下知事が、
自身の貧しい価値観で導入しようとしている「教育基本条例」
(もはや、「教育」の名に値しないと私は思うけども)は、
私には迷惑この上ない。



↓応援ポチッとお願いしま~す。
にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 携帯⇒にほんブログ村 平和
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

橋本さんを私も好きではないけれど

>自分の思うことを自由に発言して、
>やりたいことを自由にやって、

これにはちょっと引っかかります。
大義にしてその権利は与えられると思いますが、個人によってその解釈は様々です。自分が思ったら ”あなたは馬鹿ですね”と言うことが許されるか、また他人のこと考えずにやりたいことをすることも自由なのか?

まず自由という言葉を絶対的に定義できない以上ルールの制限が自分の考える範疇に食い込んでしまうのは当たり前だと思います。
社会で生きていくということは、自由にできることは限られていると思います。

>人を愛することができる人間

あくまでも自分が肯定できる人ということが前提になっていませんか?
あなたは橋本さんでも愛せますか? あなたの家族に危害を加える人も愛せますか?

>人を見下したり、妬んだりする人間

あなたの中にそういう思念があるからそう思うのかもしれませんよ。

>強者から弱者に転落

人間には強者と弱者がいるのですか?

>社会に放り出されて、
>さしずめ、大企業が望む「派遣労働者」として、
>社会の底辺を

派遣労働者は社会の底辺なんですか?

あなたの中にそういう差別的な考えがあるのではないですか?
他人のことや社会のことより、自分を見つめることが生きていくには重要だと思います。

えーっと、そうですねぇ・・・。

私自身、人を見下したり妬んだりすることがあるからこそ、
自分の子供にできるだけそんな感情に振り回されずに、
のびやかに生きてほしいと思ってるのかもしれませんね。

ただ、「自由に」というのは、
あなたが言うように、社会のルールを無視して、
自分軸だけを頼りに勝手気ままにふるまうことを指しているのではありません。
私は、そもそも社会のルールは、最大限個人を尊重するものでなければいけないと思っていますが、
それは、社会を構成する誰もが、価値観は違っても、互いを尊重し合うという点で一致すれば、ルールを生きたものにすると思うからです。
ルールは、社会の為にまずありきなのではなく、個人個人が快適に暮らせるためにあるのだと思います。

また、「人を愛する」ということについて、
私は子どもに素晴らしい恋愛をしてほしいと思っています。
それから、人間や人生を愛せるようになってほしいと思います。
もちろん、生きていれば、他人を肯定したり否定したり、心が乱れるでしょう。
私は、もちろん橋下さんを愛せませんよ。
でも、誰も恨みたくないというのは理想です。
人生を楽しみたいという「心意気」です。
確かに、論理的ではないですけどね。

最後に、私は「派遣労働者」を社会の底辺の人だと、
見下しているのではありません。
金銭的に搾取される立場になっていると言っているのです。
たくさんの利益を上げられる企業が存在する影に、
「派遣労働」という利益を吸い上げるシステムがあって、
本来、その人たちが手にする労働の対価が、支払われていないのです。
社会の「底辺」は、現に搾取する側が必要として作っていると思っています。
また、社会的な「強者」や「弱者」は、社会的処遇の現実として存在します。
もちろん、人間的な「強者」や「弱者」のことではありません。

私は、子どもと向きあう中で、自分が未熟さに歯噛みすることもしょっちゅうです。
でも、自分も子供たちも、他人や社会と繋がって生きていく以上、
自分の内面だけを掘り下げるだけで、何かが解決するとは思いません。
社会をよく見て、行動し、自分も他人も、より楽しい人生が送れるよう関わっていきたいと思っています。

ほんまですね。

> 初めて訪問させていただきコメントもさせて下さい。
> 私も憲法9条を大切にし戦争反対の小学6年の娘を持つ母親です。
>  橋本知事の教育基本条例案・・・ホントに怖い!!こんなことが通ったら戦前の日本に逆戻り!!!
> 人を人と思っていない内容ですよね。自分の意に反する者は出ていけ!成績の悪い子も出ていけ!と。
> 橋本知事の顔って知事に就任したころよりもはるかにきつい冷たい表情になってると思いませんか?

コメントありがとうございます。
確かに。冷たい表情してますね。
まぁ、ニコニコしてるからいい人ってわけでもないでしょうけど、
やってることを検証すると、さらにコワイと思えますね。
「こんな風に教育したい、育ってほしい」という、
当たり前でささやかな、だけど一番大事な母親の願いを、
踏みつけにされてるようで怒りを感じます。
どうやったら子どもを守れるやろう。ほんまに悩みます。

日本の民主主義を立て直さなくちゃ

はじめまして。

ゆりひななさんに大共感です。
「私は、子どもに、人を見下したり、妬んだりする人間になってもらいたくない」、教育とはまさにこのためにあるものと思っています。
学問・研究も経済活動も、人同士が和合して皆が平和に幸せに暮らすことを目指すのでないなら意味がない!

初めまして!

 こんにちは! (*^_^*)
9月4日号の新聞で拝見いたしました。
ホンと、橋下には困ったことです。 言っていることやることがメチャメチャ恐ろしいです。 
言葉遣いも悪いし、大阪市長にも喧嘩を吹っ掛けて、人間的にも好きになれません。
他人の意見に耳を貸さず、自分のすることがが何事も正しいと思っているようです。
これからも反対の声を大きく上げて行きたいですネ。 (*^_^*)

うん、ほんま

ゆりひななさん、はじめまして
お隣の兵庫県在住のぶぅやんと言います。
私の場合、TVに出てる時から好きじゃなくて、府知事に決まった時は
「うそやろ?」と思いました。
でも、熱狂的なファンは多いですよね。
ハッキリものを言う、グイグイ引っ張ってくれる・・・
民主主義なんかクソくらえ的な人が皆さんお好きなのですね。
でもいつか、こういうやり方は破たんするでしょう。
そうなってもらわんと困ります。

はじめまして。

はじめまして。HIDEと申します。
しんぶん日曜版9月4日号を読んで、ここに来ました。

私は、横浜市で建築職の仕事をしています。前横浜市長・中田宏氏が、ヒットラーみたいな奴でして、本来、自治体が責任を持って行うべき行政サービスの民営化を進め、市立病院や市立保育園を売却し、コストダウンを図り、その一方で、開港150周年イベントに予算をつぎ込んで、その赤字が見えて来ると、「国民運動をやる」と言って市長を辞めて逃げていった、ひどい奴です。

大阪の橋下知事は、横浜の前・中田市長に通じるものを感じます。人事考課制度は、個人が「具体的な数値目標」を「いつまでに達成する」という自己申告書を書き、「あとで振り返って実施出来たか」を客観的に判断できるものを書くという実績主義のもので、みな個人主義に走り、上司のYESマンになり、というのは、公務員労働者、特に教員には、なじまないものだと思います。

今、横浜市は、メンタルヘルスが原因で、体調を崩している休職者が300人くらいいて、教員の割合が一番多いようです。先生たちが、本来、自分がやるべき、子供たちの教育が出来ずに、点数稼ぎに追われているからです。

ゆりひななさんのブログ、これからも、貴重な情報、参考にさせていただきます。子育てに、平和活動、がんばってくださいませ。
プロフィール

ゆりひなな

Author:ゆりひなな
おもしろい記事書くために、おもしろい生活できたらええなぁ。その逆でもええけど。

私のおすすめ記事

●「ご存じ山田寺」みたいな。 ●橋下人形と新自由主義の大実験1~4 ●「百年目」 ●ロスジェネの迷走 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
過去ログ +

2017年 07月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 01月 【5件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【3件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【7件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【7件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【16件】
2011年 12月 【21件】
2011年 11月 【23件】
2011年 10月 【25件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【30件】
2011年 07月 【20件】
2011年 06月 【17件】

ブックマーカーリスト
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。