スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄色のランドセル。

うちの次男、福ちゃん(5歳)は来年小学1年生。
もうすぐ、ランドセルを買わなアカン。
実は、それで今悩んでるところ・・・。

福ちゃん、最初、ランドセルはピンクがいいって言うてた。
ママが困った顔をすると、「女の子の色やからアカンねんな」って自分で言う。
かわいいもの大好きの福ちゃん。
保育園でも、プリキュアのおもちゃとか触ってたら女の子に注意されたりして、
「どうやら、こういうものは男女で分けられている」と気づいてきたらしい。
で、「ピンクが駄目なら赤は?赤い服は男の子も着るやん?」って。
しかし、ランドセルの場合、赤はぁぁぁ。
「じゃあ、オレンジ」・・・うぅぅぅ。
「じゃあ、黄色」。それなら、まだマシかも・・・。

何で黒や紺色のランドセルは嫌やの?
ボン(小学2年の兄)は紺色やのに?と聞くと、
「だって、明るい色がきれいやから好きやねんもん」って。
福ちゃんの、そういうセンス、ママは大好きなんやけど・・・。

私が、心配するのは、学校でいじめられたりせんかどうか。
「こんな子もおるんや~」と思ってくれる寛容さが、クラスにあるかどうか。
この心配は、大阪の学校教育を取り巻く状況とすごく関係がある。

橋下知事がすすめる教育基本条例が通れば、
「国際競争力を身につける」ための、画一的な価値観の教育からハミ出す子どもは、
先生にとって、めんどくさい存在になるやろう。
たとえそれが、ランドセルの色という、他人に迷惑をかけへん事柄でも、
他の子と違う子どもを、「それも個性」と言う余裕が、教育現場に残らんかもしれん。
その子が、いじめられでもしたら、勤務評定にひびくから、
いじめられる理由を作った側を「めんどくさい子」と思うやろう。
先生自身が、1つの型でしばった「愛国」を押しつけられて、
懲戒や処分でがんじがらめにされている状態で、
「みんなちがってみんないい」を子どもに説けるやろうか。

私は、黄色のランドセルでさえ、選べずにいる。
周りの男の子らが、次々に「男の子色」のランドセルを買ってもらい始めたら、
福ちゃんの心境も変わるかもしれん・・・と待ってる。
大切な君が、のびのびと自由に生きていけるように、君を守りたいと思いながらも。



↓応援ポチッとお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

教育問題を論ずる時(例えば、教科書批判の時)、いろいろな「角度」から批判することが、多くなってきています。橋下の条例を「批判する時」、教育関係者がその立場から批判することももちろん大切です。今回のように、「ランドセルの色選択の場面」から、「橋下の条例」の問題点と危険性を指摘する意見はとても貴重です。保護者が「自分の子どもの学校生活」に関連して、たくさんの予想される問題点を指摘することが大きな影響を及ぼすと思います。

No title

四十年前、高校への通学にママチャリを選んだ。当時それは珍しいことでした。オトコは男乗り、女は女乗りみたいになっていたから。今ではそんなこと誰も気にしない。世の中は変わるんですね。
今おまえがランドセルを選ぶとしたら、色は何色がいいかと問われれば。皮の本来持っている色がいい。あれは何色というのだろう「茶」でもないし「皮色」だ。
それにしても、ランドセルの色もっと多様でいい。と思いませんか。
おお、赤でもいいな「アカ」と呼ばれて悦に入ってみたい。こんなじいさん入学拒否されるだろうな~。

No title

ウチの娘も来年入学。
そしてご子息と同じく黄色いランドセルを欲しがっています。
これは早めに探さねばとネット検索していたら・・・
選んだのは、もちろん黄色。しかも、半かぶせ。しかもしかも、横型。
おい、どれだけチャレンジャーなんだよ、と心の中でつっこみながら・・・でも、先入観ゼロで見たら、確かに可愛い。
しかも、皆と違う特殊な選択だとちゃんと知ってて選んでるあなたを、母は知ってます・・・。
よし、腹をくくるか!
プロフィール

ゆりひなな

Author:ゆりひなな
おもしろい記事書くために、おもしろい生活できたらええなぁ。その逆でもええけど。

私のおすすめ記事

●「ご存じ山田寺」みたいな。 ●橋下人形と新自由主義の大実験1~4 ●「百年目」 ●ロスジェネの迷走 

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
過去ログ +

2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 01月 【5件】
2014年 11月 【2件】
2014年 10月 【2件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【3件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【2件】
2014年 03月 【1件】
2014年 02月 【4件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【7件】
2013年 10月 【3件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【4件】
2013年 07月 【4件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【2件】
2013年 03月 【5件】
2013年 02月 【4件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【4件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【3件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【5件】
2012年 07月 【4件】
2012年 06月 【7件】
2012年 05月 【8件】
2012年 04月 【7件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【16件】
2011年 12月 【21件】
2011年 11月 【23件】
2011年 10月 【25件】
2011年 09月 【29件】
2011年 08月 【30件】
2011年 07月 【20件】
2011年 06月 【17件】

ブックマーカーリスト
訪問者
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。